スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れる >> 「ブラックでも作れるクレジットカード」を検索してみてわかった意外な事実

「ブラックでも作れるクレジットカード」を検索してみてわかった意外な事実

JUGEMテーマ:借金返済

 

ひさしぶりで「ブラックでも作れるクレジットカード」について検索してみました。

今も情報を求めている方は多いですね。

いや、「今だからこそ」というべきでしょうか?

たいていの方は、「ブラックではクレジットカードが作れないのはわかっている。だけど、何か方法があるのではないか?もしくは、作れたという体験談でもあれば教えて欲しい」ということなのでしょう。

だけど、中には「VISA(JCB)デビットカード」の存在すら知らない方も居るということに驚きました。

 

※他にマスターカードもあります。

と言っても、考えてみたら他のクレジットカードのように、あまり大々的に宣伝はしていないかもしれません。

特にネットでの広告は、広告主がお金を払って自分で出すものと、他の人が紹介して、そこから注文や登録があれば紹介料が発生するものがあります。

クレジットカード関係は、この紹介料も高価ですから。

中には数万円というものまであるので、皆こぞって紹介するんですよ、企業も個人も。

だから、クレジットカード関連の広告をよく目にするわけです。



それに、会社側から見ても、クレジットカードの顧客とデビットカードの顧客では前者の方を獲得したいのは当たり前ですよね。

ローンを組んだり、ボーナス払いにしたりと、顧客にとっても便利なサービスがたくさんありますが、会社側にしてみても、信用できる顧客が手数料を払って利用してくれる、しかもクレジットカードを保有している期間は長いとなれば、大事にして当然。

ただ、デビットカードの場合は即時引き落としが原則なので、ローン支払いの焦げ付きはまず無い、ということから考えると、この制度も持ちつ持たれつなのかな?とも思います。

まあ、ブラックになってしまうと、「VISA(JCB)デビットカード」はありがたく使わせてもらえるカードと感謝することが多いですけど。

スポンサーリンク

 


とは言え、人間とは欲ばりなもので、「クレジットカードが持てない」となると「どうにかして持つことができないだろうか?」と駄々っ子のように欲しがるところがあります。

実際、お仕事によっては、本物のクレジットカードが無いと仕事に支障がでることもあるでしょう。

そんな方がすがるのが、「このクレジットカードならブラックでも作れた」という情報です。

今のところ、「新しくオープンしたショッピングモールのカード勧誘カウンターで、運良く某ショッピングセンター系のカードが作れた」という情報が多いです。

あとは、「外資系のクレジットカードを任意整理完済後2年ほどで作れた」という情報も。

いわゆる喪明けで作れたというのは、某ネットショッピング系のクレジットカードが多いですね。

だけど、やはり審査は水物ということで、同じ属性でも受かる時と落ちる時がありますし、ましてや、現在ブラックということであれば、高確率で落ちると思っていた方が良いです。

報われないかもしれない努力を延々と続けるくらいなら、ブラックで無くなってから正々堂々と審査を受けるほうが、精神衛生上も良いということになりますね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる