スポンサーリンク
Home >> 国民健康保険を安くする方法 >> 国保滞納に怯える必要はない?

国保滞納に怯える必要はない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

最初に言っておきますが、国保(国民健康保険)料金を踏み倒すことをすすめるとかそういうことではありません。

「国保滞納に怯える必要はない」という記事を見つけて、一部頷く部分があったからです。

何しろ、今の時代、生きていくのがやっとという方は多いです。

少し前なら「努力が足りない」とか「職種を選んでいるから」と言われても仕方がないケースも多かったように思います。

だけど、ワーキングプアという言葉が一般的になっているように、「働けど働けど、我が暮らし楽にならざり」というように、一生懸命働いているのに貧しい方が増えているのは確かです。



多重債務に陥った人だって、その結果債務整理をしてしまった場合でも、散財をしてそうなった人は少ないでしょう。

いや、ここで自分も含めた多重債務の人を擁護する気はないのですが・・・

つまり、もし体を壊すくらい一生懸命に働いているのに、国保滞納してしまうほどお金が無かったとしたら?

「翌月支払おうと思いながらも、毎月食べていくだけで精一杯で、気がついたら20万円以上になっていた」というような場合、やはり優先させるべきは日々の暮らしですよね。

それでも、税金は支払わなきゃいけないものですから、すでに多重債務なのにも関わらず、また新たに借金をして税金を支払うなんていうことになってしまいます。

私も何度かそういった経験があります。

子どもが居たりすれば、健康保険証が無いのは致命的。

 

うちも、長男がインフルエンザにかかった時、健康保険証が無くて、「次回持ってきます」と言って診てもらったものの、すぐには用意できず、止む無く全額自費で払ったのですが、厳しかったです。

 

それでも、いつも通っているお医者さんだったので、融通をきかせてくれてくれたのでなんとかなりましたが、最悪保険証が無いと診てもらえませんから。

いつ高熱を出すかわからないし、お医者さんにかかるのが少し遅れただけで、生死を分けることもあるのです。

お年寄りに関してもそうですよね。

また、年齢に関わらず、病気を放置していたために重症になっていまうケースも後を絶ちません。

ならばどうすれば良いのか?

スポンサードリンク

 


今のところ、市役所に出向いて今現在国保の支払いが困難であることを説明するしかないのです。

現在、国保加入者の約1/4が滞納者なんていう統計もあるほどに、滞納している人が多いですから、ただ「お金が無いので」と言っても、信用されません。

国保だけでなく市民県民税の滞納も増えている上に、地方の自治体では人口の減少で財源が減っているなど、財政難であるところが増えているのです。

一時、市の名前を売り出すなんていうところまで出てきた位ですから。

それに、子どもの給食費でも問題になりましたが、外車に乗るような余裕のある暮らしをしていながら、税金関係は一切支払う気がないなんていう人も世の中には居るものです。

そういう人との区別もつきにくいですよね。

ここは誠心誠意と言いますか、恥ずかしいなんていう気持ちは置いておいて、正直に今の暮らしについて説明し、毎月いくらくらいなら支払えるか、を具体的に提示します。

一般的には5,000円くらいからなら受け付けてくれるでしょう。

提示した金額に12をかけた金額、すなわち一年分の金額が滞納分よりも少なくなるのがほとんどだと思いますが、その部分で多分難色を示されるでしょう。

それでも、そこで無理をしてしまっては、最初支払えていても、そのうちまた滞納することになってしまいます。

なるべくなら無理の無い金額にしてもらって、そのうち余裕ができたら、少しづつ増やすということでお願いするしかありません。

納得してもらえるかどうかはわかりませんが、そのまま滞納していては、もっと立場が悪くなり、最悪差し押さえということにもなりかねません。

保険証が使えなくなったら、病気になっても、窓口で10割の自己負担になってしまいます。

収入が低い場合は減額措置もあるので、なるべく早く相談に行く、というより手立てはないでしょう。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:国民健康保険を安くする方法