スポンサーリンク
Home >> すぐにお金を作る方法 >> 破産者が100万円作る現実的な方法とは?

破産者が100万円作る現実的な方法とは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

破産者が100万円作る現実的な方法」なんてあるのでしょうか?

 

よく「茨の道を歩いて苦労した人ほど、人の痛みがわかる」と言います。

確かに、順風満帆で挫折したことのない人には、他人の悩みなどわからないでしょう。

ただ、長く生きていると、一度や二度は立ち直れないほどの挫折は味わうものです。

それが私にとっては事業の失敗でした。

だから、今借金で苦しんでいる方の気持ちはよくわかるつもりです。

だけど、私もそうだったように、どうしても焦る気持ちが強くなり、「一生懸命に頑張る」ということよりも「すぐにお金になることはないか?」とか「一攫千金」を求めてしまうものです。

この間も「破産者だけど、すぐに100万円くらい貸してくれる金融業者は無いですか?」と聞かれました。

そんなところ無いですよね。

だいたい、今はブラックじゃなくても100万円なんていう大金、おいそれも貸してくれるところなんてなかなか無いです。

一流企業に勤めていたりして、年収も1,000万円に近いなんていう方なら話は別ですが。

第一、そんな高収入の方がお金を借りるのは、FXや株などの投資で大損をした時くらいでしょう。



事業性のある貸付にしても、破産していては借りられないと思います。

となると、「100万円をコツコツ貯める」という方法しかないですよね。

一度でも借金生活を味わった人なら「コツコツ貯める」ことの難しさを感じたことでしょう。

どんなに今まで真面目に頑張ってきた人でも。

だいたい「節約しながら少しづつお金を貯める」ということが苦手な人が借金に苦しめられるのではないか?と思うんですよ。

そりゃあ借金にもいろいろな種類があって、自分ではお金を借りるつもりがないのに借りるしか手段がない場合もあります。

スポンサーリンク

 


そうではなく、普通に暮らしていた人が、生活費が足りなくて借金をしてしまい、収入が少なくなって返せなくなり、結局は借金ばかりが増えていく、というような人は、どこかで「お金を借りる」ことが日常化してしまっているのです。

例えば、どうやりくりしても月2万円くらい足りないという場合、その分を1日ごとに換算して、「じゃあ、1日500円から600円節約しよう」または「副業で収入を増やそう」と考える人は、あまり多重債務にはならないでしょう。

月末になって「支払いどうしよう?」「もう今からじゃ2万円もなんとかするなんて無理」という考えから、「じゃあ、お金を借りるしか無い」という思考になるんですよね。

私も、それで失敗した口ですから。

だったら、債務整理した後は思考方法も変えなければ、また同じことの繰り返し。

 

知ってました?債務整理の相談に来る人が一番最初に借金をした理由が「生活費が足りなくて」である割合が、最も多いことを?

 

借金を抱えるきっかけって、特別な事情があるケースだけでは無いってことです。

冒頭の「ブラックでも100万円を作る方法」というのは、借りることでも一攫千金を夢見ることでもなく、「毎日コツコツ貯めること」なんだと思います。

◯節約しながら500円玉貯金をする

◯タバコやお酒をきっぱり止める

◯「安いから」と言って考えなく買うことを止める(安いだけで買うのは、まさしく安物買いの銭失い)


こんな簡単なことでも、出費は抑えられるんですよね。

プラス、いつも書いていますが「オークションなどで不要品を売ってお金を得る」というようなことをすれば、意外と早く貯まるものです。

ブラックと言われる身でも、100万円あれば、少しは安心できるものです。

とは言え、「一攫千金」を狙って、宝くじを買い求めてしまう自分も居るんですけどね。

 



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:すぐにお金を作る方法