スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産すると賃貸契約の保証会社審査に通らない?

自己破産すると賃貸契約の保証会社審査に通らない?

JUGEMテーマ:借金地獄


自己破産すると◯◯できないという都市伝説のような話が蔓延しています。

確かに、破産者に対して社会的制裁はいろいろあります。

賃貸契約についても、すんなりいかない場合も多いでしょう。

それでも、自己破産した場合、持ち家なら売却して債権者にそのお金を渡さなければならないので(当然のことですが)、賃貸契約ができないと住む所もなくなってしまいます。

よく言われるのが、賃貸契約自体は問題なくできるけれど、保証人が立てられなくて保証会社に依頼した場合、審査に受からないのではないか?ということ。

そのことが原因で、「破産したら賃貸契約もできなくなる」と言った間違った情報が流れるわけです。

では、実際に保証会社の審査に落ちたり、入居を断られたケースはあるのでしょうか?



それは保証会社によるのです。

もし、保証会社がジャックスやオリコ、セディナといった信販系の会社なら、個人信用情報を参照すると思われるので、審査に落ちる確率が非常に高いでしょう。

ローンやクレジットカードの審査と同じと考えられるからです。

ただし、自己破産していても免責から5年〜10年経っていて、個人信用情報から事故情報が消えてからなら、受かる可能性は高いです。

信販系の保証会社以外では、家賃等専門の保証会社があります。

他のクレジットカードやローンは取り扱っていないということですね。

この場合は、原則として個人信用情報を参照しないので、入居審査に受かる可能性は高くなります。

家賃系保証会社は、不動産屋と深く関わっていることが多いので、審査基準に関しても信販会社とは違ってきます。

クレジットカードやローンの場合の審査基準より「家賃を支払っていけるのか?」あるいは「借り主の人柄は信用できるのか?」を重視するでしょう。

だから、今まで家賃の滞納はしてなかったか?勤務先はちゃんとした会社か?というところを見るのではないかと思います。

スポンサードリンク

 


中には、書類がきちんと揃っていて、信頼できる人だと認められれば、ほとんど審査なしで通ることも多いということもあるようです。

ということから、信販系の保証会社よりも家賃系保証会社が付いている物件を選ぶ方が良いということになります。

いずれにしても、100%入居審査に受かる保証はありませんが、逆に古くて辺鄙な物件であれば、借りられる可能性も非常に高くなると思うので、その辺は妥協するという考え方もありますね。

 

現に、駅から非常に遠く、古い物件を借りた知人の場合、すんなり入居審査に受かっています。

 

というより、審査自体無かったのではないか?というくらい、スムーズに事が運んだみたいですよ。

 

借り手があまり居ないので」と言われ、恐る恐る暮らし始めたらしいですが、交通の便が悪い以外は特に難があるわけではなく、むしろ、周りに何も無いので広々して住みやすい、と言うのです。

 

虫の襲撃には遭うそうですが・・・

 

まあ、「ものは考えよう」ということです。

また、保証会社に頼らないで、自分で保証人を頼むことができれば、金融関係の審査はほとんど無いと思うので、一番良いということ。

とにかく、物件の選り好みを最小限に抑え、信販系の保証会社に依頼しなければ、自己破産していてもほぼ問題なく賃貸物件は借りられるのです。

自己破産すると家も借りられなくて苦労する、と思い込んでいては何も進みませんよ。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい