スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 不動産担保ローンの審査に通れば借金地獄から逃れられる?

不動産担保ローンの審査に通れば借金地獄から逃れられる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

誰もが借金地獄から早く逃れたいのです。

だけど、債務整理という選択肢は一番最後に持って行きたい。

その理由は?

◯どうしても借りた借金は自分で返したいから

◯債務整理すると社会的制裁があるから

◯家族や友達などに迷惑をかけたくないから

まあ、自己破産の場合だと、単純に「カッコ悪い」とか「人生終わり」という理由もあるのでしょうが、そんなことを言っている場合ではないとは思います。

とにかく、借金の返済が滞りがちになり、何とかしなければと思い始めた頃に思いつくのが「おまとめローン」や「不動産担保ローン」であるのは確かです。

中には、借金の返済が辛くなってきたな?というタイミングで、ローンを組んでいる会社から不動産担保ローンのお誘いを受けるケースもあるということ。

金融業者にしてみれば、無担保でお金を貸していた側にとってみれば、不動産という担保を預けてもらった方がメリットは大きいでしょう。

だから、例え金利を安くしてでも不動産担保ローンを勧めてくるということも言えます。

こちらにとっても、例えば、そのローン会社で50万円ほどの借金をしていた場合、「不動産担保ローンに切り替えていただければ、金利も下げて200万円まで融資できます」なんて言われたら、すぐに飛びつきたくなるでしょう。

だけど、よーく考えてみてください。

考える女子学生

借金の返済が滞っているということは、何らかの理由で収入が減っている、あるいは不安定になっているということですよね。

お金を借りる時には、誰もが返済計画を立て、月々の支払金額を「このくらいなら生活費に支障がなく支払える」と判断して借りるわけです。

それが、「ついうっかり支払いを忘れた」というわけではなく、滞納を繰り返すようになったり、支払いはなんとか続けているけど生活が非常に苦しくなったと感じるようになったら?

黄色信号、いや赤信号が点滅しているということ。

そんな時に今よりももっと大きな借金をかかえてしまったら?

それも、大事な土地や不動産を担保にしてしまったら?

スポンサードリンク

 


ということを先に考えるべきです。

いや、実際に、金利が高くて借金苦に陥っている方で、「おまとめローン」で借金をまとめたら、金利も安くなってなんとか全額返せるメドがつきました、なんていうこともあるのは事実です。

ただ、万が一不動産担保ローンを組んでも、途中で返せなくなった場合、債務整理においても不利な状況になってしまうのです。

◯不動産にすでに抵当権が入っているため、任意売却ができない

◯民事再生についても、「住宅ローン特則」が使えなくなるため「マイホームを手放さずに債務整理する」というワザが使えなくなってしまいます。

「でも、不動産を担保にしているんだから、取り上げられるのは仕方がないでしょ」ということなのですが、最初から取り上げられることを想定して借りるのなら、何もそんなリスクを背負わなくても良いということになります。

「借金が返せない」と判断した時点で、任意整理なり民事再生(個人再生)を選ぶこともできますし、自己破産を選んだとしても、事前に任意売却することも可能です。

結局は「自分の意思でなんとかすることができるのか?」というのが判断基準になりますね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン