スポンサーリンク
Home >> ブラックでも借りられる車のローンなど >> 車担保融資(車乗ったまま融資)は危険?

車担保融資(車乗ったまま融資)は危険?

JUGEMテーマ:借金地獄


普通に暮らしていれば、車担保融資なんていう言葉も知らないと思います。

また、「借りてみようかな?」とも思わないでしょう。

だって、他にいくらでもお金を借りる手段はありますから。

クレジットカードでキャッシングすれば、数十万の現金はすぐに手に入れられますよね。

だから、多重債務だったり債務整理後の生活の苦しい時の人がひっかかりやすいでしょう。

車を担保にお金を貸すということ自体は合法だそうなので、名指しで「悪徳業者」とは言えないのかもしれませんが。

もともと「普通にお金が借りられない」状態の人をターゲットにしていると思わざるをえない点で、胡散臭さは感じます。

クレジットカードや消費者金融からの借り入れもできなくなった、またはすべて満額借り入れしてしまい、もう新たな借入はできない状態、という方が「車を質に入れる感覚で」利用するだと思います。



実際には、「車で担保融資」とか「乗ったまま融資」「車でお金」という言葉でお金を貸してくれるのですが、一見怪しさは感じさせないようです。

実際にお金を借りた人の話によると、申し込みをすると、すぐに車検証とかを預かり業者名義に変更されるそうです。

もうその時点で、自分の車なのに他人名義になってしまうんですよね。

で、割合すぐに「車の購入代金」ということでお金が振り込まれるのです。

ここで振り込まれるのはいわゆる世間の買取相場よりも安い価格であることがほとんどで、その金額に法定金利ギリギリの利息をプラスした金額を今度はこちらが支払うことになります。

なんでかって?

そのまま自分の車に乗り続けるために、です。

この時点で、なんだかとても損をしている気分になりそうなものですが、多重債務に陥ったりしていると、お金に関する感覚が麻痺していることが多いので、「お金を貸してもらえて、その上自動車は手元に残ったまま使える」ということに感謝したりするんですよ。

結局は、「普通の買取相場で車を手放した方が、何倍も得する」という考えは、この時には存在しないのです。

とは言え、「少し損するだけなら、車に乗ったまま借りられるのは便利なのでは?」と考えていたら、痛い目にあうかもしれません。

スポンサードリンク

 


悪徳業者に引っかかってしまえば、車の査定が長引いているという口実で、いつまで経っても車が手元に来ず、その間も金利だけが膨らんでしまってということもあるのです。

車が無ければ仕事にならない人にとっては死活問題ですから、そのうち支払いができなくなり、滞納を理由に結局車を取り上げられたり。

金利は法定内でも、手数料と称して7万から8万もの金額を請求されたり、ということもあるそうです。

そうなると、「払っても払っても、なかなか車を自分の名義に戻せない」ということになってしまいますから。

もっと相手が悪い場合は、「お金を返せないのなら、融資してくれる会社を紹介しますよ」なんてヤミ金融まがいの会社を紹介されることも。

 

そういったところは、もともと「紹介屋」と言って、非正規の金融業者に顧客を紹介し、手数料をもらうことを目的としているのです。

そうなってからでは遅いので、車担保融資を利用する時には慎重に判断して、できれば借りない方向に持っていくのが一番だと思います。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも借りられる車のローンなど