スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 年金担保にお金を貸してくれる業者は信用できない?

年金担保にお金を貸してくれる業者は信用できない?

JUGEMテーマ:借金地獄


年をとってから自己破産する人も増えています。

いわゆる「老後破産」と呼ばれるものですね。

昨今では60歳以上の生活保護者が急増しているという話からもわかるように、自己破産を選ばざるを得ない人たちもたくさんいるのではないでしょうか。

誰しも、自己破産したら、個人信用情報から名前が消えるまで、普通の金融業者からお金を借りることができないというのはよくわかっているのです。

ただ、年をとればとるほど冠婚葬祭費用とかお付き合いの費用も増えてくるもので。

例えば孫が生まれたとかお友達が亡くなったということも考えられます。

そんな時にどこからもお金が借りられないというのはとても困りますよね。

もっと困るのが生活していく上で必要なクーラーなどの家電が壊れてしまったときです。

猛暑時のクーラーが壊れることぐらい生命に危険を及ぼすことはありません。

そんなお金に困った高齢者を、虎視眈々と狙っている悪徳業者が。

今はオレオレ詐欺に限らず高齢者を狙った犯罪が増えているのは確かです。

高齢者の年金を狙ったヤミ金の手口も同じようなものです。

よく電柱とか民家の壁に貼られている「年金を担保にお金借りられます」という広告は信用ならない、といっても良いでしょう。

車乗ったまま融資とか、車に乗ったままお金借りられますという広告と似ていますね。

お年寄りの立場からしてみたら、保証人なしでお金が借りられるというのは魅力的なものです。

書いてある電話番号に電話をすると、お年寄りのお金をむしり取ろうとしている人たちですから、最初は優しく対応してくれるということです。



貸付金に関しても、いかにも低金利で借りられるようなことを言ってくるのです。

ただその言葉に導かれるように、通帳と年金手帳や印鑑などを持参してお金を借りに行ってしまったらもうそこで終わりと思ってよいでしょう。

そこはヤミ金ですからあの手この手で、持っている全てのお金をふんだくろうとしてきます。

こちらとしては年金すべてをとられることはないと思っていますが、相手は年金から汗水たらして作った貯金まで、残らず取ろうと思って近づいてきていますから。

クモの巣にかかったように、もう身動きできなくなってしまうのです。

お金を借り始めると、手数料と称して高額な金利を要求してきます。

最初の低金利の約束とは裏腹に、トイチ(10日で1割)と言われる金利で貸し出すこともよくあります。

そのうち年金が振り込まれたら、直ぐにそのまま引き出されてしまうなんて言うこともあるようです。

スポンサードリンク

 


その後はいくら最初に借りた分の金額を返そうとしても、のらりくらりかわされて、振り込みさえさせてもらえず、ずっと借りたまま。

そのうち金利はどんどんかさんで、お金は全く返済のめどもつかないようになってしまいます。

まさに返しても返しても、返済が終わらない地獄に陥ってしまうのです。

では年金生活者で自己破産したような方がお金を借りる方法は無いのでしょうか?

あまり知られてないのですが、独立行政法人福祉医療機構という機関があるのです。

年金を担保に低金利でお金を貸してくれて、貸してくれる金額は10万円から250万円でとなっています。

 

※共済年金や恩給の場合は、日本政策金融公庫(JFC)になります。

もちろん、借りられる条件などもあるので、「年金を担保にお金を借りるしかない」ということになったら、一度相談してみても良いかもしれませんね。

 



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない