スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れる >> コロナで夫の収入が大幅に減収したら?生活福祉資金の特例貸付が始まってます

コロナで夫の収入が大幅に減収したら?生活福祉資金の特例貸付が始まってます

JUGEMテーマ:借金地獄


夫の収入が大幅に減収されたら?」というテーマで体験談を探していたら、「夫の年収が減ってしまい、生活費が足りなくなりました。今すぐには働けないのでお金を借りたいのですが、訳ありブラックで借りられません。どうしたら良いでしょうか?」という質問が。

 

ブラックでもお金を借りられるところ、という時点ですでにアウトなのですが、その上に専業主婦となると、ほとんどの人が「絶対借りられないでしょう」と答えると思います。

まあ、結論から言って借りられないんですけどね。

仮にこの主婦の方をC子さんとしましょう。

借金に悩む主婦

5年前に自己破産の免責がおりて、地道に現金のみでの生活を続けていたのですが、同居しているご主人のお母様が病気になりお金が必要に。

間が悪く、ご主人の会社が営業悪化で、リストラは免れたものの大幅減給は避けられなくなったのです。

お母様は緊急の手術が必要で、一刻を争います。

C子さんも、パートに出るつもりでは居るのですが、今はお母様がひとりで動けないため、家を空けるわけにはいきません。

親戚や知人など頼れるところもなく、途方に暮れての質問だったのですね。

慣れないパソコンでいろいろ調べてみると、「主婦でブラックでもお金を貸してくれるところはある」と書いてあったのだけど、そこから先は「電話で申し込み」ことになっている。

どうしてもお金を借りたいのだけれど、「ヤミ金融だったら」と思うと、怖くてそこから先には進めない。

だから、相談しているということなんです。

ここまで具体的な体験談を聞かされると、身につまされる部分はありますよね。

しかも、「夫には心配をかけたくないので、内緒でお金を借りたい」ということ。

ますます難しい問題になってきました。

ここで話を整理して、ブラックで無かった場合、旦那さんに内緒で専業主婦がお金を借りることはできるのか?を調べてみました。

アメックスやJCBなど銀行系でも夫の収入証明書が出せればカードローンやキャッシングは可能ということなのですが、それだと「内緒で」というのは難しいです。

となると、流通系のセゾンやイオン、楽天など主に女性をターゲットにしたクレジットカードを作りキャッシングするのが比較的可能性が高そうです。

中には「専業主婦OK」と明記してある会社もありますからね。

スポンサードリンク

 


あとは、消費者金融系のレディースローンとか。

50万円以下の借り入れなら収入証明書が不要ということが多いので、これなら「夫に内緒」ということもできます。

夫以外にも家族にも内緒でお金を借りたい、という主婦の方は多いので、原則として郵便物は送らず、連絡は携帯電話で。

固定電話にかける時には、会社名ではなく個人名でかけてくる、という金融業者も結構あります。

ただ、自分の収入が全く無い専業主婦の方が夫に内緒でお金を借りる場合、結局は返済できずに借金金額が膨れ上がり、家族に相談した時には取り返しのつかない状況になっていることも。

自分で自由に使えるお金が必要なのはわかりますが、後々の事を考えたら、最初から夫や家族に相談するのが一番ということになりますね。

C子さんの場合も、「心配をかけたくない」という気持ちは理解できますが、今後のこともあるので、相談して、生活福祉資金貸付制度など公的資金の借り入れができないか?検討するのがベストではないかと思います。

 

このところ、旦那さんの給料が年収数十万ペースで減給された、という話をよく聞きます。

 

最近では、「一流企業でも、年収単位で100万円くらい減給になったケース」もあるとか。

 

なんでも、今までの年功序列方式から職能型と呼ばれる、能力重視のシステムに切り替えたからということ。

 

安定していると思われている大手企業に居ても、こういったことが行われるのですから、これからは、まさにサバイバルの時代になったのかもしれません。

 

ある意味、良いことなのかもしれませんが・・・

 

いずれにしても、「お金を稼ぐ力」を持っていないと、どんどん社会から取り残されることになるでしょうね。

 

追記:なんていう記事を書いていたら、コロナウイルス感染症が、首都東京でもどんどん広がってしまい、ついに、「週末の活動自粛」宣言が発令されました。

 

あくまでも自粛なのですが、お店を経営されている方や、その他サービス業や中小企業で働く方々は、もろに影響を受けるでしょう。

 

「もうすでに、瀕死の状態だよ」という方も多いと思います。

 

政府は、「現金で給付金」という考えはあまり無く、「和牛商品券」とか「いやいや魚介類商品券で」みたいな論争をしているようですが、本当に国民のことを考えているのかな?と。

 

 

ただ、国や自治体からできる唯一の借入先として知られている「生活福祉資金」は、その役目を果たしていると言えそうです。

 

こんな記事を読みました。

 

生活福祉資金の特例貸付が本日から開始ー状況次第で10?80万円がもらえる償還免除もありー

 

これは嬉しいですね。

 

特に、助かるのが"そして、最大の魅力は貸付であるのだが、償還時になお所得の減少が続く場合(住民税非課税世帯など)は、償還を免除(返還不要)することができる。

つまり、生活困窮世帯にとっては、10万円〜80万円の実質的な給付措置なのである" (Yahooニュースより引用)の部分です。

 

借り入れができるだけでもありがたいけれど、コロナとの闘いは、まだ先が長いと思われますし、終息しても、経済が元に戻るまだには時間がかかるでしょう。

 

「お金が無いから、消費者金融で借りるか?」と思っている方は、一度話を聞いてみるだけでも良いと思いますよ。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる