スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 不動産担保ローンの審査は住宅ローン返済中でも通るの?

不動産担保ローンの審査は住宅ローン返済中でも通るの?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金返済地獄と同じくらい苦しいのが、住宅ローン返済地獄だと言われています。

実際、バブルの頃に1億はくだらない家をローンで買う人というのは、ゴロゴロいらっしゃいましたから。

中にはキャッシュで買う人も。

まあ、1億は無理でも3,000万円から6,000万円の住宅を、中堅サラリーマンが購入するというのは、ごく普通の情景だったんですよ。

豪邸

そのまま景気の良い状態が続くわけはなく、少しづつ景気が悪くなったとしても、このまま会社勤めをしていれば、途中で住宅ローンの返済ができなくなることは無いだろう、という気持ちだったんですよね。

それが、あれよあれよという間に、坂道を転がるように景気が悪くなり、一部の企業に勤めている人を除けば、住宅ローンの返済がきつくなっていることが考えられます。

このブログに来てくださっている方は、多重債務や債務整理後が多いと思いますが、「他ではお金を借りられないけど、不動産担保ローンなら借りられるのでは?」と淡い期待を持たれたこともあるでしょう。

結論から言うと、債務整理後、いわゆるブラックとなってしまっては、例え価値の高い不動産をお持ちでも、審査に受かるのはかなり難しいと思います。

ただ、調べたところ、100%断られるか?と言われれば、そうでもないんですね。

例えば、一等地と言われる場所に土地付き一戸建てを所有している場合で、債務整理後数年経っていれば、資産価値を優先させてくれるなんていうこともあり得ます。

不動産担保ローンは、ご存知のように、無担保融資と違って不動産を担保にして融資を受けるわけですから、たとえ返済が滞っても最後には魅力的な担保が手に入るということ。

もちろん、審査の際には今の属性も重要になりますが、債務整理後2年も経たないのに不動産担保ローンが借りられたというケースがあるのは確かです。

これは、多重債務の方にもいえることですけど。

問題は、現在住宅ローンを返済中でも融資は受けられるのか?ということです。

たいていの人は銀行や住宅金融支援機構を利用して住宅ローンを組んでいますから、名義は自分のものでも返済中はまだすべて自分のものになったわけではないからです。

特に、ローンを組んでから数年しか経っていない場合、ローンの残高もかなり残っていることから、融資自体を断られるケースも。

とは言え、不動産担保ローンを申し込む方のほとんどがローン返済中なわけではから、返済中という理由で融資を断られることはありません。

スポンサードリンク

 


通常、担保として預ける不動産の価値から残っているローン支払い金額を引いた額から融資額が決まります。

実際には、不動産評価額の60%から80%くらいの融資が受けられるということですが、その金額から残債分を差し引いた金額が、融資金額となるわけです。

評価額って誰が出すの?ということですが、不動産を所持している人はすべて固定資産税が課税されていると思いますが、その固定資産税の評価額を元に計算されるのです。

例えば、不動産評価額が1,000万円で住宅ローンが500万円残っている場合、融資可能金額は60%なら600万円で、そこから500万円を引いた100万円が融資金額となるということ。

もちろん、これ以外にも手数料やらいろいろ引かれるので、本当に借りられるのはもっと少なくなりますね。

固定資産税を支払った方ならわかると思いますが、評価額って実際に買った金額よりはかなり低いですから、結構頑張って建てた家でも「これだけ?」ということになるかもしれません。

まあ、税金を支払う時には、「こんなに高いの?」と思うわけですが。

不動産担保ローンは、汗水たらして働いたお金で手に入れた大切な財産を担保にするということですから、慎重に考えたいものです。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン