スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> イオンデビットカードはブラックでは受からない?

イオンデビットカードはブラックでは受からない?

JUGEMテーマ:クレジットカード


デビットカードも、今やさまざまな種類のものが登場するようになりました。

一時は、ブラックでも持てるクレジットカードとして話題になり、支払いを滞納したり債務整理後にカードを持てなくなった人がこぞって持つようになったので、モラル違反が問題になったりしましたよね。

デビットカードは即時引き落としが原則で、口座にお金が無かったり残高不足の時には利用できない仕組みになっているのですが、時々例外も現れるのです。

特にガソリンスタンドが多かったのですが、お店によっては、「VISA(JCB,Master)カード扱い」ということで、決まった日にまとめて決済するところもあります。

ガソリンスタンド-債務整理日記

そうなると、銀行口座にあるお金が不足していても、その場では商品あるいはガソリンが手に入るということ。

それを悪用して、デビットカードを利用して、その後の支払いは踏み倒しなんていう人も出てきました。

まあ、踏み倒す人はごくわずかなのでしょうが、即日引き落とされるはずのお金が引き落とされなかったがために、すでに支払いが終わっていると勘違いして、入金を怠る人も。

結果、楽天銀行などでは、引き落とし日に現金が無かったり足りなかったりした場合、3週間をメドに延滞損害金がかかることになりました。

また、月払いに対応していた会社も、「デビットカードは対象外」とするところも増え、結局は、「デビットカード会員が、自分で自分の首を絞める」ことになってしまったんですよね。

そんな中、「残高不足でも10万円まではバックアップしますよ」というデビットカードが現れたのです。

 

スポンサードリンク

 


イオンデビットカードなのですが、最初は一部の地域だけしか使えなかったのが、今では全国展開しています。

「ということは、10万円のショッピング枠が付いたデビットカード?」と、ブラックでクレジットカードが持てない私たちにとっては、「救世主が現れた?」と思ってしまいます。

だって、ショッピング枠が付いていれば、今手元にお金が無くても、欲しいものが買えるのですから。

・・・と思ったら。

このバックアップしシステムがあるがために、通常のクレジットカードのような与信が行われるということ。

考えてみたら当たり前なんですけどね。

だから、デビットカード申請時には、CICなどの信用情報を参照するのは当然のこと。

ネットの情報でも、イオンデビットカードに申し込みをした人が、CICとJICCの情報を開示したところ、両方に記録が記載されていたんだそうです。

となると、ブラック、特に債務整理後事故情報が消えない人にとっては、高嶺の花ということですね。

それに、バックアップシステムを仮に8万円受けたとして、毎月10日の締め日に全額引き落とされるのです。

 

その日に残高不足なら翌日2日に引き落とされるのですが、いずれにしても「分割払い」にはできないので、クレジットカードのリボ払いのように利用してしまったら、あとが怖いですよね。

審査については、やはりデビットカードという性質上、そんなに厳しいものではないということです。

例えば、週に3日くらいしか働いていないパート勤務で、まだ働き始めて数ヶ月というケースでも受かった、という人もいらっしゃいます。

「バックアップシステムを意識的に利用していくと、クレヒス(信用履歴)にはなるのか?」という疑問もありますが、信用情報に記録が記載されている以上なるのでは?という意見が多いですね。

「なるかならないか?」に関しては、カード会社が判断するものなので、一概には言えませんが。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど