JUGEMテーマ:クレジットカード

 

カードローンの審査は柔軟?

今、キャッシングやクレジットカードの審査に比べて、カードローンの審査が柔軟であるという噂が流れていて、ブラックでも大丈夫なのでは?なんていう話まであります。

どこまで本当なのでしょうか?

そもそも、カードローンとうたって募集を行っている金融業者もあれば、キャッシングは短期融資で長期融資がカードローンと区別しているところもあります。

また、カードローン専用口座を設けている金融業者もあるので、混同しがちですよね。

調べてみると、もともとキャッシングとカードローンは同じような意味合いで使われていたそうです。

どちらも「お金を借りる」ことには変わりがないわけで、借りる側にすれば「どっちでもいい」ということになります。

だけど、クレジットカードに付随しているキャッシングだと、カード一枚でATMからすぐに現金が引き出せるのは、ものすごく簡単で魅力的なのですが、たいていの場合、次の月にショッピング枠で利用した金額と合算して引き落としになります。

それって、結構困りますよね。

悩む女子学生

来月まとまったお金が入っていることがわかっている場合はいいけど、そんな都合の良いことはあまり無く、できれば「分割で返していきたい」と思うでしょう。

 

従来のカードローンは?

昔は、クレジットカードにカードローンも付いていたケースも多かったのですが、今は別々のサービスか、あるいは新たに審査を受ける形になることも多いです。

いずれにしても、キャッシングとカードローンの使い方を間違ってしまう、なんていうことにもなりかねません。

その結果登場したのが、カードローン専用サービスということなのでしょう。

今では、みずほ銀行や東京スター銀行などの銀行系カードローンやアコムやアイフルなどの消費者金融系カードローンサービスが主流になっています。

中には、「クレジットカードで審査に落ちた方でもOK」などと広告を出しているところもあるので、なんとなく審査が柔軟なの?と思ったり。

調べてみると、「キャッシングやクレジットカードよりも、カードローンの審査のほうが厳しい」というのが通説だということ。

 

カードローンの審査柔軟説はどこから来たのか?

 

さっき書いた広告によるものも大きいですが、アコムやアイフルなど消費者金融が出しているカードローンは、審査に通りやすいという話から来ているようです。

スポンサードリンク

 


いわゆる審査通過率が高い、ということですね。

とは言え、ブラックでも可なんてとんでもない誤解で、滞納を繰り返している人や債務整理後の事故情報が解除されていない人は審査に受かる可能性はほとんど無いでしょう。

ちなみに、アコムに関しては、「与信システムが独自の方法を適用しているので、銀行のカードローン審査に落ちた人でも通過実績あり」となっています。

その辺のところを履き違えて「ブラックでも可」という噂が流れているのかもしれません。

 

カードローン審査にも例外はある

 

ただ、世の中には例外はあるもので、いわゆる属性が良ければ、ブラックとされる人でもカードローンの審査に受かったという例はあるのです。

例えば、公務員の方で、勤務年数も長く、収入もそれなりで持ち家、なんていう場合、債務整理後数年しか経っていなくても審査に受かっているケースもあります。

 

「過去の事故情報よりも、現在の勤続年数や収入、もしローン審査に通っている場合、今現在延滞履歴は無いか?」ということを、最も重視するという金融業者も増えていることは確かです。

まあ、クレジットカードやキャッシングでも同じことが言えますから、特にカードローンだからということにはならないですね。

逆に「ブラックの方でも可」と明記してある金融業者があったら、疑ってかかる方が良いでしょう。