スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産後に300万円借りる方法はある?

自己破産後に300万円借りる方法はある?

JUGEMテーマ:借金返済


自己破産後に300万円以上借りる方法について聞かれました。

びっくりしますよね。

だけど、自営業の方だと、確かに運転資金が借りられないことには、身動きが取れない状態になってしまいます。

運転資金ともなると、100万円以下ではどうしようもないでしょうから。

それでも、一度自己破産を選択してしまうと、運転資金はおろか、生活費でさえも借入することは難しくなります。

唯一借りられるとすれば、国民金融公庫(今は日本政策金融公庫)くらいでしょうか。

厳密に言えば、そこでも「自己破産していてもOK」と明確にうたっているわけではないのですが(むしろその逆)、一部自己破産していても受けられる融資もあるようです。(自己破産直後はNG)

とは言え、事業計画書やその他の書類内容によっては、断られることが多いので、とても「簡単に借りられる」というわけには行かないでしょう。

ダメと言っている若い女性

言わば「将来性があるかどうか?」「この事業計画で果たして資金が返せるのか?」というテストを受けるようなもの。

試験に落ちれば、お金を貸してくれることはありません。

だけど、考えてみれば一度事業に失敗しているわけですから、今後の事業計画をきちんとたてるためにも必要なことではあると思います。

自己破産しても落ち込んでばかりはいられない。チャレンジするぞ!」という方には向いていると言えます。

スポンサードリンク

 


ただし、「期間限定の貸付制度」などもあるので、いつでも借りられるということはないようです。

本当は、民間の金融業者でも、「自己破産した人でもチャレンジ精神のある人を応援する制度」などというものがあれば良いのですが、なかなかそうは行かないでしょうね。

自己破産した人はもちろん、債務整理した時点で、言わば金融業者からは「白い目」で見られるのは確かですから。

金融業界の掟を破った」ということですから、仕方のない事ですね。

いずれにしても、いきなり大金を借りるというのは敷居も高いしリスクも大きいですから、一度廃業して、会社員として、またパート社員などになって働きながら再起を目指す、という方法もあります。

働きながら、コツコツと貯めた資金で再チャレンジする、ということですね。

時間はかかりますが、今のところは、これが一番現実的なのかもしれません。

または、副業として即金性のあるオークションなどでお金を作り、そのお金を投資して少しづつ増やしていく、という方法もあります。

 

いずれにしても、強い意志があれば、またやり直せるということですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい