スポンサーリンク
Home >> 過払い請求 >> 債務整理の前に過払い金請求?

債務整理の前に過払い金請求?

JUGEMテーマ:借金地獄

過払い金請求というと思い出すのが、消費者金融「武富士」のこと。

一時は、請求件数が90万7787件で、請求金額は1兆3816億円にも上ったとか。

もはや想像も付かない金額です。

だけど、私も含めて最盛期に借りていた人の数は計り知れず。

武富士は「取立ての厳しさ」でも知られていましたが、「ちゃんと相談に乗ってくれた」というような人も多いんですよね。

そして、「ブラックでも貸してくれた」とか。

要は「どんどん貸して、どんどん取り立てる」という方式だったのでしょうか?

まあ、あの「クーちゃん」で有名だった消費者金融も「取立て」の度が過ぎて、事件になったこともありましたから。

消費者金融のCMがテレビを賑わせていた頃は、それが当たり前になっていたのかもしれません。

TVのリモコン-債務整理日記

とは言え、大手のクレジットカード会社からの融資が受けられなくなった私たちにとっては、「貸してくれるだけでもありがたい存在」だったことは確かです。

それに、多重債務から債務整理を決心するにあたっては、「過払い金」が請求できる、ということも大きな支えでしたね。

利息29%とかで10年近くも借りていると、過払いの金額だけでも、ビックリしますよ。

ネットで検索すると、過払い金がどれだけ発生するのか?シミュレーションしてくれるサイトがあるので、試しにやってみられるといいと思います。

スポンサードリンク


「そんなにー?」と想像以上の金額を支払い続けてきた事実を突きつけられますから。

逆に「そんなに利息をつけてでもお金を借りなければならなかった」自分のバカさ加減に腹が立ちましたが・・・

結局は、「高い利息を支払ってでも貸してもらいたい」という私たちのような人が居なければ、成り立たなかったわけですよね。

「どっちもどっち」ということでしょうか。

そして今、高い利息を支払うと言っても、ブラックに貸してくれる消費者金融はほぼありません。

総量規制で、1世帯に貸し出せる金額が年収の1/3までと決められたこともあり、うかつに貸せなくなったということもありますが、それ以上に「焦げ付き」を恐れるようになったと思われます。

不況で、以前より滞納する人が増えたということもあるのでしょうが、グレーゾーン廃止で、「最初に利息を取るだけ取っておく」ということができなくなってしまいましたよね。

そうなると、きちんきちんと毎月利息を付けて返してくれないと、すぐに経営難に陥ってしまう危険性が。

クレジットカードもそうですが、消費者金融や信販会社も、より顧客を選ぶ時代になったということでしょう。

ブラックでもお貸しします」なんていうところは、今やヤミ金融しか無いのかもしれません。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:過払い請求