スポンサーリンク
Home >> 債務整理体験談 >> 借金滞納などの事故情報が載るのは個人信用情報だけではない?

借金滞納などの事故情報が載るのは個人信用情報だけではない?

JUGEMテーマ:クレジットカード


金融事故情報はいつ消える?

 

借金の事故情報と聞くだけで、債務整理をした人や多重債務で借金の支払いが滞っていた人にとっては、耳をふさぎたくなるような言葉です。

だけど、事実は事実。

一度載ってしまえば消すことはできないのです。

あ、いや、消すことはできないけど消えることはあります。

そう。

債務整理後5年から10年経てば、信用履歴自体が真っ白になりますから、事故情報も消えます。

ホワイトになるということですね。


これは白クマ

債務整理をした方にとっては、この喪明けがどんなに待ち遠しいことか。

ここで、もう一度整理するために、個人信用情報について書きますが、機関としては現在三ヶ所あります。

消費者金融系のJICC、信販のCIC、それに銀行系のKSCです。

すでにブラック歴が長い方たちにとっては、おなじみの情報機関ということになりますでしょうか。

債務整理をしてブラックになったり借金返済が滞ってしまった場合に、このどれかに事故情報が載るため、新たにローンやクレジットカードの申請をしても、審査に通らないのです。

この個人信用情報のデータというのは、一般の人が自分以外のデータを見ることはもちろんできませんが、金融機関には許されているんですね。

細かく言うと、許されているというか、クレジットカードやローン審査をする時に、信用情報を参照する旨が書かれていますから、承諾したことになるのです。

事故情報は信用機関によって内容が違う?


で、この信用情報ですが、時々「信販会社からのみ借りていてブラックになった場合、消費者金融からは借りられることがある」という情報を耳にすることがあります。

消費者金融はJICCのみを参照する場合が多いので、CICに事故情報が載っていてもわからない場合がある、ということなんです。

もしかしたら実際に借りられたというケースがあるのでしょうが、かなりのレアケースと言わざるを得ません。

なぜなら?

スポンサードリンク

 


実際には、この3つの個人信用情報以外に、CRIN(クリン)と呼ばれる相互ネットワークシステムが存在するからです。

CRINでは、免許証や身分証明書を紛失したなどの届け出情報や滞納・債務整理などの事故情報が流れていて、金融機関が共有していますから、これを見れば一目瞭然ということ。

結局、逃げも隠れもできないということですね。

あっ、ひとつだけ救いなのは、例えば、自己破産した場合、JICCとCICでは5年、KSCでは10年事故情報が記載されているのですが、CRINでは5年経過すれば共有されることはないそうです。

まあ、だからといって、自己破産しても5年経てばすぐにクレジットカードが取得できるということにはならないのですが、可能性はあるということになります。

結局、さまざまなところで金融事故情報は管理されているということを、肝に銘じておかなければならないでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談