スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産免責後のクレジットカード取得には抜け道がある?

自己破産免責後のクレジットカード取得には抜け道がある?

JUGEMテーマ:クレジットカード


自己破産後、すぐにはローンも組めないしクレジットカードも作れないことは、もうおわかりですよね。

自己破産後のクレジットカード取得というのは、免責後のことです。

しかも、5年から10年経って「個人信用情報」から「事故歴」が消えた後の話。

債務整理中や自己破産の免責前でも、お金が必要になることはよくわかっています。

それについては、常にアンテナを張って、皆さんに情報を提供しようとは思ってるのですが、なかなか「これだ」というのがないのが悲しいところ。

とにかく、少しでも可能性のありそうな情報に関しては、これからも載せていこうとは思っていますが、現状ではほぼ不可能ではないかと思います。

だけど、「ブラックでもお金を借りられるところ」とか「今日すぐにでもお金が必要」なんていうことで、ネット検索されている方の切羽詰まったお気持ちはよくわかります。

私も、数年前までは、ちょうどそんな感じでした。

生活するのに必要最低限のお金もないのに、自分を含めた家族の病気のこともあり、「こんな時に人間は最後の手段にでるのだろうか」とまで思いつめたことがあります。

債務整理、ましてや自己破産までしたら「お金を借りる」ということ自体、二度と考えてはいけないことなのでしょうが、本当に「少しでもお金を貸してくれたら」と思うことは多々あるのです。

まあ、この話題はこれくらいにして。

自己破産して事故歴が消えた後(いわゆる喪明け)、「晴れてクレジットカードの取得ができる」とワクワクした気分になるはずです。

だけど、実際にクレジットカードを取得しようとすると、なかなか難しいようですね。

以前も書きましたが、属性(収入や勤務先、勤続年数など)が良い方の場合は、事故歴が消えてすぐに、ある程度すんなりとクレジットカードが作れたという事例が多いようです。

喪明け後に晴れてクレジットカードを取得

だけど、一般的なサラリーマンの方やこの不況であえいでいる自営業者の場合、せいぜい300万円前後の年収の方が多いですよね。

そうなると、自己破産だと、だいたい免責後10年経ったくらいの頃、審査が甘いと言われているクレジットカード会社に申し込みをし、利用限度額10万、キャッシング枠ゼロでの申し込みで、やっと審査に通るというケースが多いということ。

それでも、まだ審査に通るだけでも喜ばしいことで、中には10年以上経っているのに、まだ一度もクレジットカードの審査に通っていないという方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク


ここでも個人差と言いますか、現在の収入面での格差が出てしまうということですね。

 

特に、外資系のクレジットカード会社では、過去の事故歴よりも、今の収入などの属性や信用履歴を重要視すると言われています。

 

確かに、合理性を優先するアメリカなどでは、「今現在の社会的信用」を重んじする、ということはよくわかります。

 

日本はどうしても、「過去に何かあれば、烙印を押す」というか、「過去のデータから判断する」ようなところがありますから。

 

どちらが正解ということは無いのでしょうが、少なくとも、ブラックになって身としては、外資系クレジットカード会社のような柔軟な対応は望ましい、ということ。

ひとつ言えることは、ブラック明け後、試しに申し込んでみたら審査に落ちた場合、あせって次々と「ダメモトで」なんて申し込みを繰り返さないことです。

ひとつのクレジットカード会社に申し込んで審査に落ちたら、できれば半年は空けてから次の申し込みをした方が良いでしょう。

ブラックが明けたのに、また申し込みブラックの烙印を押されてしまうと、元も子もないですから。

その分、少なくとも半年は、実際に取得できる期間が延びてしまうんですよ。

債務整理後、特に自己破産後のクレジットカード取得は、くれぐれも慎重に、ということですね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン