スポンサーリンク
Home >> ブラックリストとは? >> ブラックリストからはずしてもらうことは可能?

ブラックリストからはずしてもらうことは可能?

JUGEMテーマ:借金返済


ブラックリスト」というリストは、もともと存在しない、ということは何度か書きましたが、多重債務で借金の返済が滞ったり、債務整理をしたりすれば「金融ブラック」になってしまうことは事実です。

私たちが想像するような、「この人たちは、借金の返済を怠ったので気をつけてください」というような、個人名がずらずらっと並んだブラックリストというものはない、というだけのこと。

クレジットカードやローンの申し込みをすれば、必ずチェックされると言う「個人信用情報機関」が数社あるのですが、個人名で情報を開示すれば、過去のクレジットカードなどの履歴がズラズラっと出てきます。

そこに、「金融事故」として、ばっちり記載されるわけです。

すべての履歴が消えないわけではなく、クレジットカード取得情報などは、ある一定の期間が過ぎれば消えていきます

でも、事故情報だけは別。

だから、これは消しようが無いですよね。

スポンサードリンク

 


よく「ブラックリストからはずしてもらう方法」なんていう情報商材をみかけますが、本当にはずしてもらえるのかどうか、疑問に思います。

この「金融事故情報」に関しては、債務整理後5年から10年は記載され続け、その後抹消されることになっています。

そして、抹消されたあとは、まったくの「ホワイト」つまり「クレジットカードを利用した履歴自体も消える」ということになります。

これがまた問題なんですよね。

20代前半の人なら全く問題は無いのでしょうが、30代以上になって、今まで一度もクレジットカードを利用したことが無いとなると、「金融事故者」になった可能性が高い、と判断されるんですよ。

だから、その後のクレジットカード取得がますます困難になってくる、ということです。

ただ、それも、その方の勤務先や勤続年数、収入、持ち家かどうかなどによってかなり違ってきますので、一概には言えないのですが・・・
職業によってクレジットカード審査に受かるかどうか決まる
ブラックに一度なったとしても、収入が多くて勤続年数が長いとなると、それだけで信用されますから、割合すぐにクレジットカードも取得できるようです。

逆に、ブラックリストから外れてもなかなかクレジットカードが作れない、という方も。

とにかくそういった場合は、クレジットカードを選ぶ場合も、使い勝手で選ぶのではなく、「キャンペーン中で審査が緩くなっているクレジットカード会社」や「ショッピング系やコンビニ系など、一般的に審査が甘いと言われているクレジットカード会社」に絞って申し込みをする方が良いでしょう。

 

まあ、「審査が甘い」については一概には言えなくて、同じような条件下でも、ある人は受かり別の人は落ちる、ということも言えるわけですが。

そして、運良くクレジットカードが持てたら、なるべく支払いはカード払いにして、クレジットカード履歴を積み重ねる、ということが大切です。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックリストとは?