スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産後は審査の甘いクレジットカードに申し込む?

自己破産後は審査の甘いクレジットカードに申し込む?

JUGEMテーマ:クレジットカード


自己破産後は審査の甘いクレジットカードに申し込む」というのは、いわば、債務整理した方全体の常識のようにもなっていますね。

もちろん、自己破産直後ということではなく、いわゆる喪明け以降の話になります。

ただ、「審査の甘いクレジットカード」という概念があいまいなんですよ。

はっきり申し上げて「自己破産後でも大丈夫なクレジットカードはこれです」なんて言えるものはありません。

自己破産しても、免責後年月が経てば、またクレジットカードを取得することは可能ですが、それは5年から10年以上経って、個人信用情報から「金融事故情報」が抹消された後ということです。

抹消されれば「ブラック」ではなく「ホワイト」ということになりますから、クレジットカード取得の申し込みをすることは可能です。

ただ、「可能」というだけで、「クレジットカードの審査に通る」ということではありません。

その時点でクレジットカード取得の申請をしても、その時はすでに「自己破産者」としては扱われないので、「ブラックや自己破産者でも取得できるクレジットカード会社」を探す必要はありませんよね。

ブラックでも借りられる金融業者を探す

それでも、各クレジットカード会社によって、個人信用情報の参考の仕方が違ったり、他にも審査基準がいろいろと設けられているので、一概には「審査が甘い」ということは言えないようです。

確かに、一度自己破産を経験していれば、まず大手クレジットカード会社の審査には受からないでしょう。

私も多分、次に申し込むときには、審査が甘いと言われているショッピング系のクレジットカードなどに申し込みをすると思います。

でも、「ホワイトになる」ということは、クレジットカードやローンの履歴がゼロになるということ。

となると、今時30代、40代以上になって一度もクレジットカードを持ったことがない方、というのは非常に少ないですよね。

だから、「過去に金融事故を起こした」ということが、金融業者から見れば丸わかり、とも言えるのです。

スポンサードリンク

 


いずれにせよ、「ブラックでも申し込みOK」とか「自己破産していても融資可能」ということを全面に押し出している金融業者やクレジットカード会社は、避けたほうが良いということ。

一昔前なら、「自己破産者の方が、借金を現在抱えている多重債務者よりは返済能力があるから」と言う理由で、積極的に融資している金融業者もあったようです。

今は、「少しでも返済能力に欠ける」と思われる要素があれば、「お金を貸したくない」と思われますから、正規の金融業者からは借りられないと思った方が良いでしょう。

それでも、現在の年収が高かったり、給与振込みの口座に指定していたり、などの条件が重なれば、自己破産後5年くらいでもクレジットカードを取得できている方もいらっしゃいます。

債務整理して間もない私たちにとって大切なのは、少しでも収入を増やすことと、もし幸運にもクレジットカードが持てたら、なるべくカード払いにして遅延無く支払いをすること。

クレジットカードの「良い履歴」を作ることに専念するのです。

結局「失った信用」をもう一度取り戻すわけですから、相当な努力は必要ということですね。

こういった方法などで、少しでもお金を作り、徐々に増やしていく。

そのお金で無理の無い投資をしながら、現金収入を貯金し、徐々に信用を得られるようにしていく、というのが理想でしょう。

思うようにはなかなか行かないものですが、一歩づつ確実に「少しでも前に進めば」と考えるしか無いですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン