JUGEMテーマ:借金返済


多重債務になってもうどこからも借りられない状態になった時、「何か担保があればお金を貸してくれるかもしれない」と思うでしょう。

持ち家があれば「不動産担保ローン」ですね。

不動産ローンについて下記にまとめてみました。

不動産ローンは高額不動産を担保にする為、比較的有利な金利で300万円〜1億円迄のまとまった金額を長期間借り入れる事が可能

不動産ローンは担保のいらない使途自由ローンの金利よりはずっと低い金利でお金を借りられる

担保を立てるため、ローン会社側は貸し倒れリスクがそう高くないと見なし、低金利で融資を行ってくれる

いざとなったら担保を押さえればいいという発想から、毎月の返済を少なく借り入れ期間を長くすることも可能

と説明されていますが、やはり他のローンに比べて、圧倒的に担保にする「不動産」の価値が審査を左右します。

だから、個人的にはもうどこからも借りられない状態になった多重債務の方でも、担保にする不動産が価値の高いものであれば、比較的審査にも通りやすいということです。

住宅-不動産担保ローン

とは言え、今は中古住宅の価値も土地の売却価格も下がっているところが多いので、なかなか高い評価を受けられるところは少ないと言えるでしょう。

私自身も、駅から遠いということと、土地の価格が大幅に下がった地域であるということで、断られた経験がありますから。

 

逆に、広大な価値ある土地を所有している場合、年齢も無職かどうかも、他で借り入れをしてるかどうかですら関係ないと言われています。

 


スポンサードリンク

 

 

極端な例ですが、後期高齢者の女性が、自分の持っている土地(推定資産価値10億円)に賃貸マンションを建てたいと申し出たら、即大手銀行からの融資が決まったとか。

 

もちろん保証人は必要になりますが、特に資格を問われることは無いでしょうね。

 

まあ、現実的な話ではないですが・・・

 

もし、担保にする不動産に不安があるようでしたら、中古住宅売買会社に一度査定の依頼をしてみれば、ある程度の価値がわかると思います。

 

「家の価値を無料で査定します」なんていうサービスを行っているところもありますから、とりあえず査定だけでもお願いしてみる、という方法も。

すぐに手放すつもりがなくても、自分の家の資産価値を知っておきたい、ということもあるでしょう。

イザという時の心の支えにもなりますしね。

ただ、あまりにも切羽詰っている場合は、任意売却などで不動産を手放してしまう方が早いかもしれません。

一番いけないのは、「今、不動産担保ローンで借りられるだけ借りておいて、返せなくなったら不動産を取り上げられても仕方無い」と安易に考えること。

借金の担保として不動産を取られるのと、自ら任意売却で手放すのとでは、雲泥の差がありますから。

 

将来を見据えて、「今どうすれば良いのか?」をまず考えることが大切です。