スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 債務整理後の最悪のシナリオとは?

債務整理後の最悪のシナリオとは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 
多重債務の方にとっては、債務整理後の生活はどうなるのだろう?とものすごく不安ですよね。

債務整理後の生活については何度か書いていますが、多重債務時代に最悪のシナリオを描いていた方にとっては、「案外普通の生活なんだ」と思えるでしょう。

逆に、「自己破産さえすれば、借金が無くなって楽に暮らせる」と思っていた方は「こんなに大変だったのか?」と感じるかもしれません。

結局は本人の気持ちの持ちようということ。

私の場合は、「債務整理したら借金は軽くなるかもしれないけど、債務整理後の生活はどん底になるのではないか」と思っていました。

借金でどん底の生活を想像する

まあ、「もしかしたら、少しは生活が楽になるかな」という淡い期待が、まったくなかったと言えば嘘になりますが・・・

債務整理をして、一番最初に思ったのが、「案外普通の生活ができるんだ」ということでした。

それは、弁護士さんに債務整理の依頼をしたからで、自分ですべての手続きをしていたら、そんなことは言っていられなかったのでしょうが・・・

それでも、債権者から裁判を起こされたりはしましたが。

まあ、細かいことを挙げればきりが無いですが、とにかく表面上は、今までどおりの生活ができることにびっくりしたのを覚えています。

ただ、自分の心の中での葛藤と言いますか、「借金を約束どおりに返せなかったダメ人間」という思いが、ずっと付きまとっていましたね。

今もそれは続いていて一生続くと思いますが・・・

あとは、債務整理直後に夫が失業状態だったということもあり、多重債務時代と同じように「お金に困った」状態が続いていたこと。

結局、債務整理しても立ち直れないのは、「お金の問題」と「心の問題」をいかに上手く処理できるか、にかかっていると思います。

お金の問題に関しては、働いてお金を得るしかないのですが、失業してすぐに職を得るということが困難な時代ですよね。

スポンサードリンク

 


だから、オークションなどで、少しでも即金の収入を得ることも大切なことだと思います。

そして、少しでもお金が入ってきたら、自分への投資に充てられると良いでしょう。

生活費もままならない時に難しいのですが、前に進むためには、自己投資は必要だと思います。

求職者支援制度を使えば、条件付きですが、無料で職業訓練が受けられ、給付金ももらえるのです。

 

ビジネス書を購入して、勉強するのもいいですね。

 

とにかく、使えるものは使って、「半歩でも前に進む」ことを心がけたいものです。

私のように、ネットで副収入を得ることも可能ですが、やはりある程度の知識は必要です。

私も、まだまだですが、一緒に頑張りましょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい