スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理して5年経てばお金が借りられるというのは本当?

債務整理して5年経てばお金が借りられるというのは本当?

JUGEMテーマ:借金返済


任意整理して5年経つのにお金が借りられない」という相談をしている方がいましたが、債務整理後の借り入れについては、はっきりと「何年で」ということは決まっていないです。

通常は、債務整理が終わってから5年から10年でいわゆる「ブラックリスト」からはずれるので、クレジットカードやローンの申請ができるようになるというだけです。

この「ブラックリスト」については、再三書いていますが、「ブラックリスト」という名前のものは存在しません。

ブラックリストって何?

その代わり、「信用情報機関」というものがあって、銀行や信販会社などの金融業者が個人のローンに関わる今までの履歴を調べることができるのです。

通常、クレジットカードやローンの申請書の内容だけでは、今までどこからローンを借りていたのか、クレジットカードの支払い状況は?などの詳しいことはわからないですよね。

だから、「信用情報機関」に問い合わせて調べるわけです。

 

これを「開示する」と言います。

債務整理をした場合は、この「信用情報機関」に「事故履歴」として記載されてしまうため、「ブラック」と認識されて、もうどこからも借りられなくなる、ということになります。

スポンサードリンク

 


あと、借金返済を滞納した場合にも事故履歴が残る場合もあります。

金融事故を起こした」と明確に書かれている方に、誰もお金を貸したりローン契約をしようとは思わないですから。

ただ、この「事故履歴」は一生付いて回るわけではなく、5年から10年経てば抹消されるのです。

だから、「ブラックでも借りられる」とか「自己破産しても貸してくれる審査の甘い消費者金融」とか探して、怪しい金融業者から借りるよりも、数年待った方が良いということです。

とは言え、5年から10年というのはひとつの目安であって、きっちり決まっているわけではないですし、たとえ「金融事故履歴」が消えたとしても、すぐにお金が借りられるという保証はありません。

やはり、債務整理した人間に対しては社会も厳しいわけです。

これは、仕方のないことなのですが・・・

なので、最初はキャッシング枠ゼロでクレジットカードを申請し、運良くクレジットカードが取得できるようになったら、買い物などで実績を作っていく、という方法が良いのかな、と思います。

いわゆるクレヒス(クレジットヒストリー)ですね。

申し込む先も、やはり「審査が甘い」と噂されている、ショッピング系やコンビニ系などのクレジットカードの方が良いかもしれません。

いずれにしても、「信用をマイナスからもう一度築き直す」わけですから、険しい道のりにはなるでしょう。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン