スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 破産したら取られるものと残るものは?

破産したら取られるものと残るものは?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産に良いイメージなんてひとつもないですよね。

破産なんて言ったら、最悪の事態ですから。

よく、お金遣いの荒い人に「そのまま行ったら、あなたは破産しますよ」っと言ったり。

アレも欲しい、これも欲しいと思っているけど、みんな買ったら「破産する」と思ったり。

とにかく、お金が無いの究極の形が自己破産なわけです。

そう言えば、ある芸人さんが、子供の頃に「親が破産した人?」と学校で聞かれて、何人か手を上げたけど、これって異常なことだったんですね。」なんて言っていました。

教室で勉強する-債務整理日記

とにかく、その界隈は破産者が多かったとか。

今はどうなんでしょう?

あまり社会問題にはなっていないようですが、自己破産者自体の数は増えていなくても、破産寸前でギリギリの生活をしている人は多いのではないでしょうか?

破産という言葉を冷静に分析してみれば、資産が破滅するということですよね。

これはただならぬこととです。

昔なら、一家離散で、父親は行方不明になるレベルです。

だけど、今はそれほどでもないと思います。

債務整理を経験している者として、自己破産はおすすめできることではないけど、多重債務時代の苦しくて乱れた生活を思い出すと、決断するならなるべく早い方が良いでしょう。

自己破産すると、本当に何もかも取り上げられます。

それでも、生活に必要な物は取り上げられませんから、なんとか最低限の生活はできるのです。

極端に言えば、自己破産しても残るものの方が断然多いです。

というのは、20万円以上の価値のある物は全て取り上げられるということ。

スポンサードリンク


すなわち、安物ばかりで生活している私達庶民にとっては、そんなに取り上げられるものは無いんですよね。

◯家電は中古品を数千円で購入したもの。

◯車も知人から数万で譲ってもらったもの。

◯他にも金目のものは持っていない。

◯家は借りている。


ということになれば、ほとんど残るということになります。

まあ、家が持ち家ならば、どんなにボロ家でも競売に出したり、任意売却で処分したりすることになりますが・・・



実際に自己破産した人の話では、物を撮られるのは仕方のない事だけれど、「自分は破産者なんだ。人生の落伍者だから、もう何をしてもやり直せない」と思い込んでしまったことの方が辛かったそうです。

自己破産じゃなくても、債務整理をすると、ほとんどの人がこういった心の闇に入り込んでしまうのです。

結果、「何もする気が起こらない」という借金うつのような状態になることも。

すぐに元気を出して、傾きかけた家を建て直すんだ、という気持ちにはなかなかなれないかと思いますが、自己破産しても残るものはある、と思えば、少しは気持ちが楽になりますよね。

もう一度人生をやり直す」つもりで、焦らずゆっくりと前に進みたいものです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット