スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理したくてもお金が無いなら、法テラスに相談することも

債務整理したくてもお金が無いなら、法テラスに相談することも

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務に陥っている人にとって、債務整理をすることはとても勇気の要ることです。

どんなに借金で首が回らなくても、「できれば債務整理をしないで自力で借金を返したい」というのが本音ですから。

借金を抱えて二進も三進も行かない人にとって、債務整理は最後の手段であり、できれば「何とかして返したい」という思いが強いのは言うまでもありません。

社会的制裁を受けるということもありますし。

ただまあ、借金を借金で返すようになったら、もう債務整理しかないと思ってください。

そうなると、そこからどんどん借金の金額が増えて来ます。

それはもう、ものすごい速いスピードで増えていくので、「雪だるま式」という意味を肌で知ることになります。

私の場合も最初は何とか返せていたのですが、数社から借り入れをするようになってからは、もう「知らないうちに」どんどん借金が増えて行ってしまいました。

当時は、消費者金融はおろか信販会社でも金利は29%くらいというのがざらにありましたから、借金が増えるのも時間の問題だったんですよね。

とにかく、13,000円返しても、約3,000円は利息という滅茶苦茶な状況です。

それでも「何とか返そう」と思い、仕事を増やしたりしたんですけど・・・・

いくら稼いでも、本当にあっという間に借金返済に消えていくんですよ。

まるで、底に穴の開いたコップに水を入れるように

それに、生きていれば当然生活費もかかりますから。

最後は、「借金を返済するため」の借金ばかりが増えて行く状態でした。

収入もやっと借りられたお金も、すべて借金返済に消えてしまうのでは生活できるわけがありません。

自分達だけの生活ならまだしも、子ども達のことを考えると、このままの状態で良いわけがないのです。

子どもの給食費ですらままならない時があったのも事実です。

給食費を払わない親-債務整理体験談

それで、ついに債務整理を決心したのですが・・・

債務整理をすることに決めても、ネックになるのが弁護士費用ですね。

やはり15万円から数十万はかかるでしょう。

特定調停なら数万円で済みますが、自己破産や自己再生だと債権者の数によりますが、場合によっては30万円以上かかることも。

お金が無くて債務整理もできない」という方の気持ちもわかります。

ただし、「法テラス」で立て替えてもらい、月々少額のお金を返していくと言う方法もあります。

 

法テラスは、国の法的な相談所という位置づけなので、法律相談や弁護士費用などの立て替えをしてもらえるのです。

 

スポンサードリンク

 



収入制限があり、審査の結果制度が利用できないこともありますが、国が設定している制度なので、積極的に利用したいですね。

また、弁護士事務所でも分割払いを受けてくれるところもあります。

だいたい月々5,000円くらいからということになると思いますが、借金返済の額に比べれば、出せない金額ではないですよね。

弁護士や司法書士の方に頼む時、最初に確認しておくと、良いでしょう。

借金で相談しに来るのですから、お金がないのは当たり前、ということはわかってくれます。

それでも、相談する司法書士や弁護士事務所によっては、一括で費用を支払うことを要求される場合もあるので、やはり最初にきっちりと確認しておくことが必要でしょう。

とにかく、債務整理費用のこともそうですが、何かとお金がかかることは確かです。

ただ、借金を続けていけば、生活が立ち行かなくなるのは目に見えていますから、やはり決断するならできるだけ早くした方が良いと思いますよ。

泥沼から抜け出すのは、まだ足が見えているうちじゃないと、難しくなりますから。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して