スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 喪明け後にクレジットカードが作れた体験記

喪明け後にクレジットカードが作れた体験記

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理は無事終わっても、新たにクレジットカードを作るのは当分お預けですね。

債務整理する前は、「もう2度とクレジットカードが作れなくても仕方がない」とか「現金のみの生活をするんだ」と思っていたのですが、やはり「できることならカードを作りたい」と言うのが本当のところ。

ただ、反面、「すぐに作れる」と言われても「嘘でしょ」と思うし、「そんな怖いことできない」となりますよね。

まだ「借金体質のリハビリ中」ですから、クレジットカードやローンの支払いをきっちりとして、返済の管理ができる、という自信ができてからの方が良いと思います。

借金のリハビリ

まあ、だいたい債務整理をした後は、5年以上はクレジットカードは作れないですし、自己破産に関しては5年から10年は作れない、というのが通説です。

ただ、ここで、多額の借金を背負ったことがない方は、「どうして債務整理した後にまたクレジットカードを作ろうとするのか?」疑問に思うでしょう。

疑問と言うよりも「まだ懲りないのか?」というところでしょう。

それが、やはり今の世の中クレジットカードがないと困ることが多いのです。

ほとんどは「VISA(JCB)デビットカード」で済ませられますが、そうも行かないことも多くて・・・

で、やはりネットで「債務整理が終わった後、クレジットカードが作れた体験記」みたいなものを探すわけです。

そうしたら、任意整理して返済が全て終わった後、試しにクレジットカードを申し込んでみたら、すんなり審査に通ってしまったと言う方もいらっしゃいました。

任意整理が決まって3年も経っていないそうです。

やはり債務を完済したというのが効いているのでしょうね。

だから、絶対に5年以内には作れないということではないのですが、勤め先とか収入、持ち家かどうかなど、その方の立場によってかなり変わるのかもしれません。

この方自身、半信半疑で申し込んだそうなのですが、ネットでの情報で「外資系のクレジットカードなら、過去の事故情報よりも、現在の履歴を重要視する」という情報を得て、アメックスを申し込んだそうです。

しかも、年会費が1万円以上かかるカードを。

これは、噂のはんちゅうなのですが、年会費無料のクレジットカードよりもある程度年会費がかかるカードの方が、現在のステータスを尊重してくれる、ということなんです。

それに、わざわざ高い会費を支払うということは、そのカードを使うき満々ということになり、上得意になってもらえる可能性は大ですものね。

とにかく、使ってもらわないことには困るわけですから、その理由も頷けます。

スポンサードリンク

 


いずれにしても、債務整理後にクレジットカードを申請する場合の注意点は何度も書いていますが、必ず個人信用情報機関の開示をして、「金融事故暦が消えているかどうか」を確かめてからにした方がいいですよ。

ここでまだ「事故者」扱いになっていれば、どこに申し込んでもダメですから。

それと、クレジットカードのキャッシング枠は0にして申し込むこと。

キャッシングは、もう使わない方が身のためですしね。

お金が借りられないのは不便だけれど、最初はキャッシング枠をゼロにしておいて、「買い物」で実績をつくるわけです。

そうすれば、何ヵ月後、何年後に改めてキャッシング枠の申請をすれぱ、審査に通る確率も高くなるでしょう。

やはり、少しでも「実績」を作って、信用してもらうこと。

いわゆるクレヒスを積むということですね。

これに尽きるでしょう。

 

追記:「クレヒスを積む」ということに関して、比較的ローン審査に通りやすい携帯電話やスマホの分割払い(月々の使用量と一緒に引き落とし)で、実績づくりをする、という説が広く知られています。

特に、クレジットカードをまだ所有できない時期に、スマホのローン審査には受かった、という場合には有効ですよね。

月々の支払いを怠らないようにすれば良いのですから。

とは言え、一部の金融機関では、クレヒスと認めていないところもあるということなので、携帯電話料金を滞納しないように利用しつつ、クレジットカードの取得にも挑戦してみる、という前向きな姿勢が求められるのでは無いでしょうか?

 


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン