スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理後はハウスカードが作りやすい?

債務整理後はハウスカードが作りやすい?

JUGEMテーマ:借金返済


多重債務の頃は、「債務整理をしたら2度とクレジットカードは持てなくなる」と思っていましたし、「持てなくなって当たり前」とも。

それほど、「債務整理後の生活」について悲観していました。

ただ、実際に債務整理をした後は、「生活は依然として苦しい」のは確かですが、思ったほど「悲惨な状況」ではありません。

割合「おだやか」に時が過ぎる感じがあります。

債務整理後は穏やかに時が過ぎる?

それは、やはり「借金返済」という心のつかえが無くなったからでしょう。

だけど、「生活が苦しい」のは多重債務時代とさほど変わりません。

なぜなら、債務整理するにも費用がかかりますし、債務整理する直前までの生活の破綻が尾を引くからです。

多重債務時代は、借金返済にほとんどの収入が流れてしまっていましたから、生活費は足りない、住宅ローンは払えない、税金や公共料金の滞納も日常茶飯事でした。

だから、債務整理した後に、そういった「ツケ」がやってくるのです。

税金は借金ではないので、債務整理をしたからといって逃れられません。

だからと言って、もうどこからも借りられないのが現状です。

債務整理の後に借り入れをするとなると、やはり「生活福祉資金」くらいしか思いつきません。

以前は「ブラックでも即日融資可能」とか「審査の甘いカード」などの情報が飛び交っていましたが、今は危なくて、利用できないですよね。

一部、ちゃんとした消費者金融も存在するようですが、「闇金」との区別が付きにくいと思います。

正式に、債務整理の後にカードを作ったりお金を借りたりできるのは、最低でも5年はかかるでしょう。

実際には「そんなに待てない」んですけどね。

なんて言っている場合ではありません。

5年以上待ったとしても、喪明け後はクレジットカードが作りにくいのですから。

スポンサードリンク

 


そんな喪明け後に作りやすいカードとして、アコムACマスターカードやマジカルクラブカード、楽天カード、アメリカンエキスプレスカードなどの名前を見かけるのですが、その他にもあるのです。

コスモ・ザ・カード・ハウスエポスカードです。

両方共、自社サービスのみに使える「ハウスカード」があるということ。

 

そもそも、「ハウスカード」というのは、家族会員カードのことではなく、カードを発行している起業や提携グループのみでしか使えないクレジットカードのことです。

VISAやJCBが付いていないので、コスモでガソリンを入れるときとか、丸井系列で買い物する時しか使えないのが特徴ですが、使用範囲が狭い分、審査は比較的柔軟だと言われています。

この辺は、携帯電話の契約とも似ているかもしれません。

いずれにしても、審査はしっかりあるし、誰でも受かるというものではないけれど、少しでも受かりやすい要素があるのなら、トライしてみたいですね。

そして、審査に受かった暁には、大切に使い、コツコツと信用履歴(クレヒス)を積み上げて行けば、徐々に他のクレジットカード審査にも受かるようになる、と言うわけ。

何事も、順序を踏むことが大切なんだと思いますよ。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン