スポンサーリンク
Home >> 借金返済日記 >> 借金と引きこもりの深い関係とは?

借金と引きこもりの深い関係とは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

お正月にふさわしくない話題ですが・・・

 

以前も書きましたが、借金苦からうつ病になるケースも多いです。

はっきりうつと言われなくても、多重債務にまでなっている方は、精神状態が不安定になるのは仕方がないことでしょう。

私自身うつ病になりかけましたから。

借金でうつ病になる

いや、なっていたかもしれないのですが、お金が無くてお医者さんにもかかれなかったので、診断されることはありませんでした。

そりゃあ、毎日毎日借金のことばかり考えているのですから、気がおかしくもなりますよね。

その上、家族が病気になったり、夫が失業したりするのですから、もう、何がなんだかわからない状況です。

ただ、私の場合は、大変なことが重なった分、「しっかりしなきゃ」と思ったり、逆に自分が落ち込んでいる暇がなかったりしたのが、かえって良かったのかもしれません。

それでもひきこもりにはなりましたね。

借金を繰り返していると、どうしても気持ちの中がマイナーなイメージしか出来てきません。

ほとんどの人は、好んで借金をしているわけではないので、罪悪感で一杯になるのです。

その上、できてしまった借金で、生活水準も低下してきますから、どんどん追い込まれてしまいます。

外出しても気が晴れないんですね。

仕事があれば行かなくては生活ができないのですが、それすら、精神が不安定になり辞めざるを得ない事も。

そして、ひきこもりへ。

ということですね。

こうなると、なかなか元へ戻れませんから。

スポンサードリンク



こういった状況の時に、生活保護費を受け取ってしまうと、まず働く意欲は失せます。

生活保護の制度自体は必要なんですけどね。

お金を受け取りながらも、勤労意欲がわくような仕組みが一番良いのですが。

すぐにいくばくかのお金がないと、生命の危険にさらされている人もたくさん居る、ということを考えると、無くてはならない制度だと思うんです。

できれば、そういう人の元にお金が届くようにしたいものですが、いまだに不正受給する人も居るし。

あっ、引きこもりから話が離れてしまいましたが、借金を抱えた理由も「引きこもりで仕事に行けなかったから」という人も多いとか。

また、今まではバリバリ働いていたのに、借金を抱えて、取り立て業者から身を隠すために、引きこもりのような生活になる人も。

私のように、精神的なダメージから引きこもってしまう人も多いかな?

どのケースも、本当はカウンセリングが必要なのですが、自分からはなかなか行けないですよね。

 

それに、借金苦だと、ただでさえ生活が苦しいのに、長期化する心療内科の診察代は支払えないのです。

まずは、外に出てみることが一番大事なので、「借金抱えているのにのんびり散歩なんてできない」とか思わないで、近所を散歩するところからでも、一日一回は外に出るということを習慣づけるということ。

これだけでも大分違ってきますよ。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記