スポンサーリンク
Home >> 宝くじ高額当選 >> 借金2,000万だったのに今では年商1億って信じられる?

借金2,000万だったのに今では年商1億って信じられる?

JUGEMテーマ:借金返済


 

 

債務整理中なのにお金を借りたい?

 

債務整理中でもお金を借りたい、という考え自体、言語同断なのはわかっているんです。

誰だって、「二度と同じ過ちは繰り返したくない」というのが当たり前でしょう。

だから、クレジットカードが持てなくても、ローンが組めなくても「じっと我慢」で生活していくことも当たり前なんです。

それは重々わかっているのですが・・・

多重債務時代というのは、本当に生活に無理がかかっている状態。

と言いますか、例えていうなら「壊れかけた椅子にずっと腰掛けている状態」なので、いつバタッと転んでもおかしくないということなんですね。

借金で転落人生

借金を借金で返す」ようになった時点で、すでに修復不可能なところまで来ているんだと思います。

それでも、「信じたくない」気持ちと、「がんばれば何とかなるのでは」と言う気持ちがあって、ギリギリまで倒れないようにする、という。

ただ、今思えば、それは努力とはかけ離れたものだったのかもしれません。
 

借金2,000万円から年商1億になった人がいる?

借金2,000万を抱えて起業して成功し、今では年収1億」なんていう方がいらっしゃいました。

 

外食部門だから、今は感染症の影響で厳しいかもしれませんが。

 

ご本人の努力は並大抵ではなかったと思います。

プラス運と才能がないとだめでしょう。

運は「後からついてくる」と言いますけどね。

 

そう言えば、「がっちりマンデー」を見ていたら、「コロナ後でも、工夫次第で売上は伸ばせる」という経営者さんが多数いらして、やっぱり目の付け所が違うな、と思ったんですよ。

確かに「正しい努力」を積み重ねていれば、成功する可能性もゼロではないと思います。

ただ、私も含めてほとんどの人は、起業うんぬんよりも、債務整理をした途端に「お金が無い」状況に陥って、もう打ちのめされてしまうのです。

そうなると、もう「お金を借りる」という考えしか浮かびませんから、「ブラックでもお金を貸してくれるところ」とか「債務整理中に融資してくれる金融業者」などを探しまわることに。

債務整理中の借金は、もしできたとしても、やはりお勧めできません。

例え任意整理だとしても、債権者との話し合いの最中にまた新たな借り入れをしたのでは、話がまとまるわけはなく、債務整理自体が進まなくなりますから。

スポンサードリンク

 

 


また、債務整理中の人にお金を貸す業者というのは、「闇金」である可能性が高いですよね。

それだったら、生活福祉資金のような公的資金に頼るか、生活保護を受けた方が良いと思います。

ただ、この生活保護についても、「一度受けてしまうと抜けられない」という問題があるのは事実。

「どうしてもお金が無いと生きていけない」という状態の時に使いたいものですが、実際に、そこまでお金に困ってしまってからでは遅すぎる、という問題もあります。

「ダメだ!」と思ったら無理しすぎず、その上で「自分でなんとかしてお金を稼ぎ出す」という考えがないと、生きていくのは難しいと言えるでしょう。

不用品をオークションなどで売る、ということから始めてみると良いかと思いますよ。?

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:宝くじ高額当選