スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談 >> 消費者金融の無人契約機に通い続けていた日々。お金の心配をしないで生活したい!

消費者金融の無人契約機に通い続けていた日々。お金の心配をしないで生活したい!

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務になってお金の心配ばかりしていると、「お金の心配を全くしないで生活したい」というのが夢という感じになってきます。

たとえ、贅沢はできなくても、「今月このくらいなら生活していける」というレベルでも良いので、最低限「今月どうやって生活していこう」と思わないで済むようになりたいと願うんですよね。

ただ、多重債務じゃなくても、生活にゆとりがある人は少なくなったと思います。

「お金」もそうですが、心のゆとりも無くなってしまったような・・・

特に震災後はそうですね。

「ゆとり」という言葉を、どこかに置き忘れてしまったような気がします。

ただまあ、多重債務を一度経験してしまうと、「お金」=「心のゆとり」ということになりますが・・・

多重債務の時には、「とにかく借金に追われない生活がしたい」「普通に収入すべてを生活費に当てたい」と思っていました。

お金に余裕のある生活がしたい

それが、債務整理をしてしばらくは、「借金の返済をしなくていい」喜びと「もうどこから借りようか?」と悩まなくていいんだ、という気持で、ほんの一瞬ではありますが「ゆとり」を感じていましたね。

特に、街の「サラ金の無人契約機」にはよく通いましたから、見かける度に、「もうここには行かなくていいのね」という安堵の気持が強く押し寄せていました。

あの無人契約機の閉鎖的な空間、どこからともなく聴こえてくる係りの人の無機質な声。

結構大きな音で流れてくる、バックグラウンドミュージック。

「早く、早く」と急かされているようで・・・

のちのちこの曲を聴いただけで、トラウマのように当時のことが思い出されるんですよね。

 

街を歩いていて、この曲が聴こえてきただけでも、耳を覆いたくなったものです。

タッチパネルを押す手も、最初は恐る恐るだったのが、だんだん慣れてきて早く押せるようにはなっていましたが、何度言っても拷問を受けるような気持になっていました。

だけど、実際に融資を受けられると、とても有難いホッとした気持になるのが、自分でも不思議だったんですが・・・

スポンサードリンク


 

その時の気持は、多分経験した人じゃないとわからないでしょうね。

 

ちなみに、当時は、「無人契約機」に行けば、ある程度の収入があれば、他社借入件数が多くても、借りられる可能性は高かったのです。

 

ある男性の体験談では、「すでに消費者金融や信販会社9社から借り入れていたけど、20万円可決しました」とのこと。

 

「あまりにも多いので、2社の借り入れを隠していたら、見事にバレましたけど。」というエピソードも。

 

やっぱり、他社借入金額を嘘ついても、すぐにバレるんですね。

・・・と、「ゆとり」とは程遠い話になってしまいましたが・・・

世間一般の方の「ゆとり」と言うのは、「家族で旅行に行く」とか「貯蓄額が○○万円以上ある」とかなんでしょうね。

それでも、ネットで副収入を得るようになってからは、ほんの少しは「ささやかな贅沢」をしたりはできるようになってきました。

こんな方法でも副収入が得られます

借金返済をしながら稼ぐ方法がある?

多重債務や債務整理を経験した方にとっては、とても少ない額に思えるかもしれませんが、実際に副収入として、このくらいの金額があれば、とても助かるのです。

また、コツコツ続けていくうちに、この何倍もの収入にすることも可能だと思いますよ。 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談