スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> お金を借りずにすぐに5万円作る方法&日払いと即日払いの違い

お金を借りずにすぐに5万円作る方法&日払いと即日払いの違い

JUGEMテーマ:借金返済


ブラックでも5万円借りる方法」という質問をしている方がいらしゃいました。

5万円という金額は、借金もなく普通に暮らしている方にとっては、大した金額ではないでしょう。

そりゃあ、今の世の中だと「そんなことはない」と思う方の方が多いとは思いますが、少なくとも、5万円で生死に関わることはないと思います。

それが、多重債務に陥っている時には、本当に「明日5万円作れないと、生死に関わるかもしれない」という場面が何度もありました。

大げさだと思われるでしょうが、本当にそうなんです。

5万円どころか、たとえ1万円でも今目の前にあったら、と思うこともしばしば。

増える1万円札

とにかく、手元にお金がない状態が続きますから、明日の食べる物はおろか、家賃だってままならないので、住むところも確保されているかどうか、という状態。

その上、「借金返済の期日」は刻々と迫ってくるのです。

債務整理をした今となっては「あの頃、どういう精神状態で暮らしていたんだろう?」と思うと切なくなってしまいます。

常に、「ここに5万あれば、何とかしのげるのに」と考えていましたね。

その頃は、「何とかしてお金を借りられないか?」という思考回路しかなかったので、「ブラックでも借りられる」とか「審査激甘の消費者金融」など、まだ借りられそうな金融業者を探していました。

スポンサードリンク

 


あるわけないんですけど・・・

で、もし、その時の自分に今会えるとしたら、「お金をなんとかして借りるのではなく、作る方法を考えた方がいいよ」と教えてあげたい。

結局、運良く5万円、10万円のお金を借りられたとしても、そこでまた利息がつきますから。

「利息」という名の雪だるまがどんどん大きくなるだけ。

それだったら、いつも書いているネットオークションなどの方法などで、お金を作る方が良いと思いますよ。

 

上手く行けば、出品したその日に落札されて、入金までしてもらえれば、即金になりますから。

オーソドックスな方法だと、日払いのアルバイトをするということも考えられます。

一日で5万円は無理でも、キツイ仕事なら、数日でなんとかなりそう。

ただ、求人広告で探す時には、「日払い」と書いてあったとしても、「一日単位で給料の支払い金額を計算する」という意味で、実際には翌々月払いなんていうことも。

即日払い」と書いてあるところは、まず大丈夫でしょう。

せっかく重労働に耐えて働いたのに、すぐに賃金が支払われないとなると、がっくりするでは済みませんから。

とは言え、「日払い」という表記でも、その日に支払われる会社もあると思うので、求人広告に応募する前に、きちんと確かめておくことが大切です。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!