スポンサーリンク
Home >> クレジットカード・ローンの審査 >> ブラックリストは消えても過去は消せない?

ブラックリストは消えても過去は消せない?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理のデメリットって何だろう?と考えてみました。

私は任意整理をして、残債も返し終えたので、今では「債務整理をして良かった」と思っています。

ただ、やはり精神的には「自分で作った借金なのだから、やはり自分の手で最後まで返したかった」ということ。

確かに、任意整理だと、一部は返すことになりますが、それでも全部ではありません。

それでも、あのまま多重債務生活を続けていれば、完全に「うつ」状態になり、酷くなれば、自分で自分を消しかねない状態でしたから、やはり「デメリット」ということにはなりませんね。

借金で落ち込みうつ病に

ただ、「自分は借金を返せなかった人間だ」「借金なんてしてしまって、最低の人間だ」と思う気持は、ぬぐえないでしょう。

それと、やはり金融事故者という扱いになることですね。

信用情報機関に「事故者」として記載されるのは、5年から10年位となっていますが、それ以降は抹消されます。

ちなみに、個人信用情報について書きますと。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

主に銀行系の信用情報について掲載されている 事故情報が消える期間は、任意整理で5年、自己破産では10年と言われています。

  • CIC

主にクレジットカード系の信用情報について書かれています。ブラックリスト抹消期間は、任意整理で5年、自己破産7年と言われています。

  • 日本信用情報機関(JICC)

主に、消費者金融やキャッシング会社系の信用情報について書かれています。ブラックリストから消えるのは、自己破産でもだいたい5年程度と、3つの中で最も短くなっています。

それでも、金融事故者となってしまったという思いは消えないでしょう。

あとは、債務整理の後数年はローンは組めないし、クレジットカードも持てないということですね。

これはデメリットというより、当然のことなのかもしれませんが、結構困ることが多いです。

スポンサードリンク

 


特に、家電が壊れたとかで、生活上どうしても必要なものを買わなきゃいけなくなった時、分割払いができません

常にコツコツお金を貯めていれば良いのですが、債務整理後も苦しい生活が続きますので、なかなか貯金もままならず。

いや、やっぱり多重債務に生活を経験していると、さすがに懲りて、これまでの生活を見直し、節約できるところはして、本当に少しづつ貯めるということはしています。

だけど、それは生活費が足りない時の補填として、いつの間にか無くなっていることが多いんですよ。

ただまあ、それでも「何とか生きていかれる」ことに感謝と言うことでしょうか。

さんまさんじゃないですが、「生きてるだけでまるもうけ」という考えでいかないとね。

メリットもデメリットもありますが、結局は自分が選んだことなので、その後の生き方次第で良くも悪くもなるということです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカード・ローンの審査