スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> ブラックの人が家族にクレジットカードを作ってもらうという裏技は?

ブラックの人が家族にクレジットカードを作ってもらうという裏技は?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでも作れるクレジットカードの裏技」という情報をあるサイトで見つけたのですが・・・

「やっぱり」あの方法でしたか。

とちらかというと、あまりお薦めはしたくない方法です。

あまり引っ張っても仕方がないので、書いてしまいますが。

「クレジットカードを持っている家族に家族カードを作ってもらう」という方法です。



確かに、これだと作れる可能性はあるかも。

ざあっと調べてみたのですが、家族カードを申請する時に、その家族の名前で与信を行うところは少ないそうです。

つまり、家族の誰かが所有しているクレジットカードの家族会員としてあなたが申請する場合、新たにあなた個人の信用情報が調べられる可能性は少ないということ。

ただ、すべてのクレジットカード会社に言えることではないと思うので、「絶対に作れる」とは思わない方が良いですね。

そして、家族カードでクレジットカードがもし作れたとしても、あくまでも自分自身のクレジットカードではないので、クレジット履歴は付きません。

クレジット履歴というのは、その名の通り「クレジットカードの利用履歴」なのですが、ブラックになってしまうと、このクレジットカード履歴に事故履歴が付くのです。

その後、5年から10年経って、事故履歴が消えたとしても、今度はすべての履歴がリセットされて「真っ白」になってしまうので、一から履歴を作らないといけないということ。

このクレジット履歴も、ローンを組んだりする時には参照されると言われ、良い履歴(利用回数が多く、なおかつ支払い延滞がない)があれば、評価されるんですね。

俗に言う「クレヒス(信用履歴)」というもの。

「個人信用情報機関」から事故履歴が抹消された方は、運よくすぐにクレジットカードが作れたら、クレヒスを積み上げる努力をしなければなりません。

スポンサーリンク



それでも、ブラックにとっては、クレジットカードが持てるだけでも良いのかもしれません。

家族カードと言うと、普通は親が作って子供が家族カードを使う、というパターンですが、親がブラックになった場合は、子供に家族カードを作ってもらうことになります。

子どもが若い場合は、なんだか上下関係が逆転したような気もしますが、仕方がないですね。

いずれにしても、早く自分のクレジットカードが作れるようになりたい、と言うところでしょうか。

ただ、「どうしても分割で商品を購入したい」という時には使えるかもしれませんが、「おすすめできる方法」とは言えません。

ブラックであることを隠してクレジットカードの申請をした、ということになれば、カードを剥奪されるばかりか、親会員である家族のカードも使えなくなる可能性もあります。

 

つまり、債務整理をする時に一番恐れていた「家族に迷惑をかける」ことになるのです。

 

家族の信用履歴に傷をつけることにでもなれば、それこそ本末転倒だと思いませんか?

そういったリスクも考えてみると、結局は、喪明けで晴れてクレジットカード契約できるまで待った方が健全だということですね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど