スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理の返済途中で返せなくなったらどうする?

任意整理の返済途中で返せなくなったらどうする?

JUGEMテーマ:借金返済

任意整理中に返済ができなくなったら?ということは、債務整理でどの方法を選ぶか?という時にもっとも考えなければならないことです。

いくら返済額が少なくなったとしても、原則として3年以内に残債を返さなくてはならないので、結構苦しいのは確かなのです。

私も、自己破産だけはどうしても避けたかったので、任意整理を選んだのですが、副業が上手くいかなかったら返せなかったと思います。



もともと収入がが少なくて借金をした場合、「借りたお金は返すのが当たり前」と思ってはいても、なかなか思うようにはいかないものです。

例えば、月々のお給料が20万円そこそこしか無かった場合。

家賃や光熱費、税金などを引くと10万円ちょっとしか残らないでしょう。

そうなると、1家4人で暮らしていくのは困難な場合が多いです。

「お金が無いのに贅沢するからだ」と思いますか?

相当切り詰めたとしても、ギリギリの生活と言うところだと思います。

そこへ借金の返済が月5万とかになったら?

生活はすぐに破綻してしまうのです。

それでもお金を借りてしまうのは、「臨時収入があればなんとかなる」という気持ちや「来月頑張れば」という気持ち。

それは決して嘘ではないのです。

 

実際に、アルバイトを掛け持ちしたこともありましたが、体を壊してしまい長続きししなかった、ということはありますが。

スポンサーリンク



私なんて、「宝くじにでも当選すれば何とかすべての借金が返せる」と半ば本気で思っていましたから。

要するに「今はダメだけど、なんとかなる」と思い込んでしまうのです。

確かに、「借金が雪だるま式に膨れ上がって、もうこれ以上生きていけない」と思った状態から、一発逆転で起き上がり小法師のようにたと直す人も居ます。

だから、「なんとかなる」と思うことは決して悪いことではないのですが、私も含めて「多重債務」になってしまうと「とにかく先延ばし」という考えに陥ってしまうことが危険なのです。

最初の話題に戻りますが、任意整理中に失業してしまったらどうしますか

ただでさえ生活が厳しいのに、残債を返していくのは困難になりますよね。

債務整理をしてブラックになっていますから、もうどこからもお金は借りられません

お金の悩み

止むを得ない理由の場合は、支払期間の延長を申し出ることができますが、認められるかどうかの判断は結構厳しいということです。

となると、最終的には自己破産に変更するということになります。

結果、今まで一生懸命返してきたお金は無駄になりますので、やはり債務整理を依頼する時には「もしも支払えなくなったら?」ということを、十分に考えなければいけませんね。

 

そして、任意整理途中であっても「支払い続けるのは無理」と判断すれば、自己破産に切り替えるかどうかを、早めに弁護士さんに相談することをおすすめします。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など