スポンサーリンク
Home >> 債務整理体験談 >> 年収1,000万円のサラリーマンでも破産して生活保護に?

年収1,000万円のサラリーマンでも破産して生活保護に?

JUGEMテーマ:借金返済

 

 

 

お金はある日突然無くなるもの!

 

 

生活できないほどお金に困っている時、もうどこからもお金が借りられないというのは、恐怖に近いものがありますよね。

 

お金って本当に「ある日突然」無くなるものなんです。

 

いや、普通の生活をしていれば、そんなことは理解できないのかもしれません。

 

それでも、突然の解雇や会社の倒産、自営業での赤字続きなどなど。

 

突然、収入源が途切れたらどうしますか?

 

「そんな時のために普段から貯金しているよ」と言われるでしょうが、一度収入源が閉ざされたら、100万や200万はあっという間に無くなってしまいます。

 

「何に使ったの?」と思われるかもしれませんが、相当慎ましやかな暮らしをしていても、すぐに無くなってしまうのがお金というもの。

 

お金が借りられない

 

しかも、お金が無い時に限って、自身の病気やら親が病気になって看病しに実家を往復しなければならなくなったり、と突発的な出費に見舞われてしまうのです。

 

年収1,000万あっても破産したサラリーマンの話

 

そう言えば、雑誌の記事で「年収1,000万のエリートサラリーマンが、親の介護で離職後、破産して生活保護を受けていた」というのがありました。

 

親御さんのご病気とご自身の事情が重なったとは言え、介護で働けなくなって無職になる方も多いですよね。

 

 

そうなると、どんなに高給取りであっても、蓄えはどんどん減り、自身の体力ややる気もすり減っていく、ということに。

 

「その分も見越して貯金すれば」と思われるでしょうが、この不況下では食べるだけでもやっとで、貯金まで手が回らないというのが正直なところではないでしょうか?

 

となると、お金が無くなったらとりあえずどこかで借りるしかありません。

 

お金が無くなったらどこで借りれば良いの?

 

公的資金である生活福祉資金貸付制度の緊急貸付というのもあるのですが、なかなか敷居が高く、それにあまり認知されていませんよね。

 

キャッシング世代には、携帯やパソコンなどで即日融資してくれるキャッシングを利用するのが手っ取り早いのです。

 

だけど、今や誰でも借りられるはずの消費者金融でさえ、融資を断られる人が増えています。

 

スポンサードリンク

 

 

ましてや、あちこちですでにお金を借りている多重債務者になってしまっては、もうどこもお金を貸してくれるところは無いという状況に。

 

これはもう、困惑を通り越して恐怖なのです。

 

お金の無いことがこんなに惨めなことだったとは、と思い知るのですが・・・

 

手っ取り早くお金を稼ぐには?

 

こうなったらもう後の祭り。 いつも書いているように、こんな時には少し考えを変えて、「どうやったらお金を作ることができるのか?」と考える方がいいです。

 

不要品をリサイクルショップに持っていく

 

ネットオークションで手持ちのものを売る

 

と言った、今となってはありきたりな方法でも、上手く行けば思った以上のお金を作ることが可能です。 「その場しのぎ」と言ってしまえばそれまでですが、お金が全く無いよりはマシですから。

 

それに、いくらかでもお金が入れば、そのお金を回していくという方法もあるのですから。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談