スポンサーリンク
Home >> 借金返済の裏ワザ >> 借金の時効は借金返済の裏技になる?

借金の時効は借金返済の裏技になる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金は返さなくてはいけないものということはわかっています。

 

借りたものは返す」というのは、小学生でも知っていること。

 

だけど、どうしても返せなくなることが多いのも借金なんですよね。

 

借金を一度でも背負ったことのある人は、お金の重圧に耐えかねるという気持ちがわかるでしょう。

 

お金って、人を幸せにもするし不幸にもするんです。

 

お金がないから不幸になるつていうこもありますが、逆にあり過ぎて不幸になることも。

 

なんて、人生論を語っている場合ではないですね。

 

多重債務になって借金が返せなくなってくると、「このまま返さなかったらどうなるんだろう?」と思います。

 

私も、1,2ヶ月支払いが滞ったこともありましたが、すぐに電話がかかってきました。

 

借金取り立ての電話がかかってきた

 

このまま支払わなければ実家や親戚にも電話が行くかもしれない、とも言われ、怖くなって他のところから借りて返したりしていましたね。

 

そんな時に聞いたのが「借金の時効」という話。

 

借金にも時効ってあるんですね。

 

消費者金融やクレジットカード会社など一般の金融業者で借りた場合は5年だそうです。

 

「じゃあ、5年間雲隠れしていればいいの?」となりそうですが、そんな簡単なものではないんです。

 

たとえ5年間経って時効成立したと思っても、相手方に時効が成立したことを宣言しなければ成り立たないということ。

 

そして、その5年間に一度も返済しなかった事実も必要になるんですよね。

 

借金を返さないでいる人に、一度も督促しない業者なんてあり得ませんから、督促状や督促の電話を無視して暮らさないといけないわけです。

 

スポンサーリンク

 

 

まあ、普通の人間だと、何年もの間、一度も借金を返済しないで平気な顔して暮らす、ということはできないと思います。

 

だからか、この借金の時効を経験して借金が消滅した、という話はあまり聞いたことがないと思いませんか?

 

多重債務にまでなってしまった方は、自分が使うためのお金をどんどん借りていくのではなく、借金が支払えなくなってその返済のためにまた他のところから借りるケースが多いですよね。

 

そして、雪だるま式に借金が増えてしまい、結局は破産という最悪のパターンになってしまうことがほとんどです。

 

それを考えたら、「返さない」という選択肢もあるのかな?とは思います。

 

少なくとも、1社だけだとしたら、迷惑をかけるところも少なくて済みます。

 

だけど、決して「踏み倒せ」と言っているわけではなく、「借金をして借金を返すくらいなら、督促におびえる方がまだマシ」という考え方もある、ということ。

 

とは言え、実際にこのようなことができる人はごく一部だと思うので、知識として「借金の時効もあるんだ」ということを頭に入れておくくらいしかできないでしょう。

 

本当は、債務整理を考えるべきなのですが、どうしてもできない事情があるケースもあるわけですから。

 

借金の時効を考えるよりは、「いかにしてお金を作って返済するか?」に頭を使うのが一番大事だということは、みなさんわかっているとは思うのですが。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済の裏ワザ