スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 無職で15万円を借りたいけどどうすれば良いですか?

無職で15万円を借りたいけどどうすれば良いですか?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

無職だけどお金を借りたい、しかも15万円ほど必要、なんていう時、どうしたら良いと思いますか?

 

無職って言ってもいろいろありますよね。

 

◯まったく働く気がない人

 

◯急に会社をクビになって、現在休職中の人

 

◯転職などの理由で一時的に無職の人 などなど。

 

だから、無職だからといって「働く気がない」人達ばかりではないということ。

 

それでもひとつ共通していることは「お金が無い」わけです。

 

無職で15万円を借りたいけどどうすれば良いか?」というご質問があります。

 

さてどうしましょうか?

 

いや、突き放しているわけではなく、私自身も失業に近い状態を経験していますから、ただ単に贅沢をしたくてお金を借りるわけではないことはよくわかります。

 

一昔前のバブル期なら、「パチンコに行くお金を借りる」とか「ブランドものをクレジットカードで月々買って返せなくなった」なんてよくある話でした。

 

スポンサードリンク

 

 

だけど、今やそんな人はものすごく少なくなったように思えます。

 

ある意味社会が健全化したのか?というプラスな見方もありますが、それはごく一部で。

 

実際にはお金に困っている人がどれだけ増えたか?ということが言えるでしょう。

 

無職と言っても、仕事をしないで朝から呑んだくれてサボっている人なんてそんなにいなくて、「仕事がしたくても仕事が無い」という人がほとんどだと思います。

 

なんて、世の中を憂いていても何も始まらないですね。

 

無職でも15万円借りたいという方は、多分当座の生活費を借りたいということなんでしょう。

 

失業保険に入っていれば、失業した当座の生活費は何とかなるのかもしれませんが、入っていなければ無職になった月から生活に困ることになります。

 

貯金と言っても、今は毎月生活していくのがやっとなので、そこまで手が回らないという家庭が多いですよね。

 

あったとしても、数ヶ月で無くなってしまうでしょうし。

 

それまでに次の仕事が見つからなければ、本当に路頭に迷ってしまうのです。

 

そんな時に目につくのが、「無職でもお金貸します」とか電柱や住宅の壁に貼ってある広告ですが、やはり信用できるか心配です。

 

今ならLINEなどSNSを利用した広告もあるようですが・・・

 

 

結論から言って、そういったところで借りるのは止めた方が良いでしょう。

 

まともな消費者金融だったら、「無職でもOK」とは言いません。

 

いや、条件によっては正規の金融業者でも貸してくれるかもしれませんが、少なくともそういった場所に広告を出している業者から借りるのは止めた方が良いということ。

 

失業中ということであれば、生活福祉資金貸付制度も利用できますし、求職者支援制度を利用して職業訓練を受けながら給付金を受給するという方法もあります。(条件に合えばですが)

 

とにかく、焦って危ないところからお金を借りるのだけは止めましょう。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない