スポンサーリンク
Home >> 過払い請求 >> 過払い金請求の金額次第では自己破産しないで済むこともある

過払い金請求の金額次第では自己破産しないで済むこともある

JUGEMテーマ:借金返済

 

過払い金請求については、何度か書いていますが、いわゆるグレーゾーン金利廃止に伴って、それ以上の利率でお金を借りていた人は、過去にさかのぼって、払い過ぎた分の利息を金融業者に請求できるのです。

 

とにかく、バブルの時はお金を貸す方も強気でしたから、ギリギリ法に触れない29.9%とかの利率でお金を貸しているところも多かったです。

 

しかも、多重債務になってしまうと、お金を貸してくれるところがどんどん少なくなり、どんなに金利が高くても貸してくれるなら良い、という気持ちで借りていたものです。

 

今考えると、ものすごく恐ろしいことなのですが、10,000円借りて利息が3,000円なんていう借り方を平気でしていたのです。

 

いや、平気ということではなく、本当はもっと金利の安いところで借りたいのに、どこも貸してくれないから仕方なくというか、苦渋の選択だったわけですね。

 

私自身も、ネットで公開されている過払い請求の簡易計算ソフトを使って計算してみたら、信じられないくらい高額になってビックリしました。

 

パソコンで過払い金の計算をする

 

そんなに払いすぎていたのかー」と。 ショックで寝込んでしまうほど。(大げさですが)

 

ただ、私の場合は、この過払い金が発生したために、債務整理時に自己破産しないで済んだのです。

 

借金総額から実際に発生した過払い金を差し引いた金額が、なんとか返済できる額だったので。

 

こんな感じで、本来ならば、弁護士さんや司法書士の方に頼めば、「過払い金で救われる」はずなんです。

 

スポンサードリンク

 

 

少なくとも、私は救われましたから。

 

中には、過払いで戻ってきたお金を、そのまま自分の懐に入れてしまう弁護士や司法書士が居るという話を聞いたことがあるのですが・・・

 

多分、ごく一部だと思うのですが、信頼されていることを盾にとって、このようなことをするというのは、許せないですね。

 

とは言え、債務整理を依頼する時に、一番頼りになるのはやはり、依頼を受けてくれる弁護士や司法書士の方です。

 

信頼関係が無いと、債務処理もうまく行きませんので、頭から疑ってかかることはお互いのためになりません。

 

私の場合は、本当に親身になっていただきましたから。 結局は、自分の見極め力も大切なんだと思いますね。

 

そして、「この方は信頼できる」とわかったら、細かなことも包み隠さず、正直に伝えたほうがいいですよ。

 

時々、自己破産なのに、「こことここは自力で返すから」なんて、債権者の中に入れないケースもあるようですが、後で問題になれば、免責も受けられなくなってしまいます。

 

借金という、自分の恥ずべき部分は、なるべく隠したいと思うのはわかりますが、言いたくないこともきちんと伝える、というのが一番ですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:過払い請求