スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> 他社借入れ件数を偽ってクレジットカードの申し込みをすると?

他社借入れ件数を偽ってクレジットカードの申し込みをすると?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

クレジットカードの取得やローンの申し込みなど、他社借入れ件数が多くなればなるほど断られるケースが増えてきます。

 

まあ、当たり前なのですが・・・

 

いったいどれくらいの件数借りていると、断わられてしまうのでしょうか?

 

これは、件数だけの問題ではなく、例えば同じ50万円借りていたとして、50万円を1社から借りている人と20万1社と10万3社で借りている人とはまったく違う扱いになります。

 

同じ金額を借入れしているなら、件数が多い方が断然不利です。

 

大きい金額が借りられないから、あちこちから借金をしていると見られるからなんですね。

 

だから、できれば1つの金融業者から20万借りていて、新規でまた借入れをしなければならなくなった時には、その同じ会社に増資を頼む方が良いのです。

 

ネットで増資を依頼する

 

まあ、そんなことができるくらいなら、最初から大きい金額の借入れができているわけです。

 

そうなると、以前も書いたように「では、他社借入れ金額を偽って申告すれば貸してくれるの?」という発想になると思います。

 

だけど、これ、全部筒抜けですから。

 

ブラックの説明の時にも書きましたが、「個人信用情報機関」には、「金融事故」の記載の他にも、どこの金融業者でいついくら借りた、なんていうことが丸見えなんです。

 

しかも、実際に借入れをしなくても、割合短い期間に消費者金融などの申し込みを繰り返しているだけでも、「お金に困っている」というのがバレバレなのです。

 

スポンサードリンク

 

 

その情報すら登録されてしまうことがあるので、いわゆる「申し込みブラック」ということで、審査に落ちてしまいます。

 

怖いですね〜

 

だから、「クレジットカードの審査に受かる抜け道」として嘘の申告をする、というのは、何も良いことがないと言えるでしょう。

 

何度クレジットカードや借り入れの申し込みをしてもいつも断られる、となると、ついつい「1社や2社少なく申告してもバレないのでは?」と思ってしまいがちです。

 

実際、多重債務になってしまうと、「どこからいくら借りているか?」すらわからなくなるので、故意にではなく、「1件忘れていた」なんていうことはあるでしょう。

 

だけど、「故意にではない」と言ったところで、誰も信用してくれないですから。

 

あとは、所得証明書が不要なことを逆手に取って、所得を水増しして申告するとか。

 

結局、変な小細工をしてもバレるのは時間の問題ですし、何度も繰り返していると悪意があるとみなされて、最悪詐欺罪で訴えられることもあるそうですよ。

 

そうならないためも、いや、自分自身の将来のためにも、嘘は付かないことが鉄則です。

 

そもそも、クレジットカードも信用でお金を貸してもらうことですから、申請時には事実のみを書くというのは、当たり前のことなんですよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査