スポンサーリンク
Home >> すぐにお金を作る方法 >> 今日中にお金が必要だけど借りられない時には?

今日中にお金が必要だけど借りられない時には?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

「どうしてもお金をなんとか用意しなければならない」なんて、クリスマスなのに切羽詰まった生活をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

年末年始は、多重債務に陥っている方にとっては、とても気分の重い時期でもあると思います。

 

寒い時期ですから、暖房費もかかりますし、それじゃなくても冬はお金がかかりますよね。

 

お金がなくて暖房費が出せない

 

多重債務時代は、本当にこの年末年始をどう乗り切るか、が大変だった記憶があります。

 

借金返済がありますから、毎月大変だったのですが、やはりすべての滞納分を「今年中に支払ってください」と言われるこの時期が辛いですよね。

 

お正月も実家へも帰れず、老いた両親のことを心配しながらも、「仕事で行けないから」と電話する時には、本当に泣きそうになりました。

 

それでも、旅費も捻出できないし、甥や姪にあげるお年玉も用意できないですから。

 

聞く所によると、今は高校生くらいでももらっている子はもらっていて、「泣く泣く1万円渡したのに、そっけなくありがとうと言われた」なんていう声も。

 

なんでも、多い子は、数十万円単位でもらうとか。

 

こんなに不景気な世の中でも、あるところにはあるんですね。

 

もう、お金に困った生活を、何年も続けていると、別世界の話のような気がします。

 

というか、「子どもにそんな大金渡しちゃダメでしょ!」と思いますけど、大きなお世話なのかな?

 

こちらと言えば、年末年始じゃなくても「今日中に数万必要なんだけどお金がない」という場面には、ちょくちょく直面していました。

 

ブラックになっていたら難しいかもしれませんが、多重債務の場合は、他社借り入れの件数と借り入れ金額によっては、消費者金融などで増資してもらえる可能性もあります。

 

スポンサードリンク

 

 

ただ、総量規制で年収の1/3までしか借りられなくなった今となっては、難しいかもしれませんが・・・

 

それでも、クレジットカードを作るときの与信などでは、借り入れ総額よりも借り入れ件数の方が問題になることが多いようなので、増資してもらえるようならお願いした方がいいですね。

 

あと、「お金が必要なのに、もうどこからの借りられない状態」だった場合は、やはり「お金を作る」しかないでしょう。

 

いつも書いていますが、リサイクルショップに不用品を持っていくか、あるいはネットオークションで手持ちのものを売るということ。

 

これが結構お金になることがあるんです。

 

あっ、この時期だと、意外と福袋が高く売れるらしいです。 人気ブランドの福袋だと、なお良いでしょうね。

 

何も転売目的だけじゃなく、自分が着られないものを売るとか、趣味が合わないものを単品で売るのなら、不用品がお金になるわけですから、一石二鳥ということ。

 

自分の好きなブランドなら、早朝から並ぶのも苦ではないでしょうし、どうしてもサイズが合わないとか色が好みではない、なんていう物があれば、さっさと売ってしまえばお金になるのですから。

 

少しでもお金が作れれば、明日もなんとか乗り切れそうな気がしますよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:すぐにお金を作る方法