スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 喪明けを確認せずにクレジットカードに申し込むのは危険?

喪明けを確認せずにクレジットカードに申し込むのは危険?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

喪明けってそもそも何?ということなんですけどね。

 

ご承知のように隠語なのですが、たしかに、債務整理後などでクレジットカードが使えずローンも組めない時期は、喪中のような暗さがあります。

 

個人情報も真っ黒で、お先も真っ暗という意味もあるのでしょうが、自虐的にブラックの人が使う方が多いかな?

 

少々不謹慎な気もしますけど。

 

まあ、金融機関にお勤めの方も意味はご存知でしょうね。

 

そんなくらーい状態から抜け出したという意味でも、「喪明け」というのは、ブラックにとっては特別の意味を持っているのです。

 

喪服-債務整理体験談

 

「だけど、ブラックから抜け出したことがどうやってわかるの?

 

ということですが、例の個人信用情報を見れば一目瞭然なのです。

 

以前も書きましたが、個人信用情報に事故情報が記載されているのがブラックで、一度記載されてしまったら一生消えないのか?と言えばそうではなく、一定期間が過ぎれば削除されることになっています。

 

その期間は、信販会社系のCICと消費者金融系のJICCで5年、銀行系の全国銀行個人信用情報センターでは10年(自己破産の場合)とされているのです。

 

だから、銀行系は置いておいて、他の2つを参照するであろうクレジットカードなら、債務整理後5年で喪明けを迎えるはず、なんですよね。

 

そう。

 

誰かが、「さあ、今日から喪明けですよ。」なんて教えてくれるわけではないのです。当たり前ですが。

 

その上、きっかり5年というわけではないですから、「だいたい5年経ったからもう大丈夫だろう」なんて軽い気持ちで、クレジットカードの申し込みをしてしまうと、すべて撃沈「審査落ち」ということに。

 

がっかりするだけならまだ良いのですが、1社で落ちたからと次々に申し込みを重ねてしまうと、知らないうちに今度は申込みブラックになっていますから、これではいくら申し込んでも受かるわけが無いですね。

 

中には、「債務整理後6年経ったので、試しにアコムACマスターカードに申し込んだら、一発で審査に通りました」なんていうラッキーな方もいらっしゃるようですが。

 

スポンサードリンク

 

 

だから、「絶対にダメ」とは言いませんが、もしも消費者金融系のカードに申し込んでみて、審査に受からなかったら?

 

喪明けというのは、個人信用情報の事故情報が削除されるだけでなく、利用履歴もごっそり無くなってしまうので、「スーパーホワイト」の状態です。

 

つまり、誰が見ても「何か金融トラブルがあったな」と思われるので、審査する側にしてみたら、属性うんぬん以前に慎重にならざるをえないのです。

 

そんな時、すでに他社クレジットカードの申し込み履歴があり、しかも審査落ちしていたら?

 

落とされる可能性が高くなると思いませんか?

 

ちょっとしたほころびだったものを(そうでもないかもしれませんが)、大きな穴にしてしまう危険性があるとしたら?

 

と考えると、喪明け後のクレジットカードやローンの申し込みは、慎重になるはず。

 

だけど、「スーパーホワイト」という話を聞いて、「だったら個人信用情報を確認しても同じことじゃない?」という考え方もありますが・・・

 

とにかく、判断は自分自身に任されているのですが、「まずは確認してから」の方が、精神衛生上も良いのではないでしょうか。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン