JUGEMテーマ:借金地獄

 

以前も書きましたが、債務整理後に無職になった経験があります。

 

多重債務とか借金が無くても、またブラックじゃなくても、無職になるってよっぽどのことですよね。

 

もちろん、「働きたくなくて」という理由で仕事に就かない方を除いて、ですよ。

 

働く意欲がない無職

 

お金の問題が一番なのですが、みなさんどうやって乗り切っているのでしょうか?

 

無職でお金を借りるなんて」という非難も受けるでしょうが、突然職をなくしてしまったら、頼れるものはお金なのです。

 

不動産担保ローンなら無職でもお金を貸してくれるのかも、という考えもあります。

 

これは、持っている物件によるのですが、確かに資産価値の高い不動産を持っていれば、貸してくれるかもしれません。

 

それでも、借りる金額が大きいですから、審査も厳しいですし、無職ということで、最初にはじかれてしまうかもしれないのです。

 

それに、万が一支払いが滞ったら、大事な土地や先祖代々住んでいた家を取られるかもしれない、と考えると、安易な気持ちでは借りられないですよね。


総量規制後は、お金が借りられない人が増えていますから、無職でお金を借りるのは至難の業でしょう。

 

王道の方法としては、「アルバイトや派遣の仕事に就く」ということでしょうか。

 

まあ、アルバイトした時点で無職では無くなるのは当たり前なのですが、派遣社員など、とりあえず登録した時点で、働く意志は認められるということ。

 

実際に働かなくては意味がないのですが、どうしてもお金が先に欲しい場合、登録してすぐに、キャッシングの審査に申込むという方法もあります。

 

スポンサードリンク

 

 

もちろん、いつ登録したのかはバレバレなので、審査に落ちる確率も高いわけですが、無職よりは当然有利です。

 

キャッシングのために登録だけする、というのは言語道断ですが、本格的に仕事にはいる前に、もしかしたらお金が借りられるかもしれません。

 

そして、借りてしまったからには、一生懸命働いて返すしか無いですから、仕事にも身が入るというわけです。

 

派遣社員って、ある程度の仕事内容は知らされていますが、行ってからどの部門に回されるのか?を簡単なテストを受けて決めることが多いのです。

 

だから、「座ったままできる仕事」だったはずが、「ほぼ一日中立ちっぱなし」なんていうこともあり得る、ということ。

 

なので、「1週間も経たないうちに辞めてしまう人もけっこう居る」んだそうです。

 

どんな仕事でも楽な仕事は無いですから。

 

借金返済のために何が何でも働かなければ」という気合があれば、数ヶ月間なら頑張れるかもしれませんから。

 

一時的に投資で儲ける」なんていう方法もありますが、そもそもお金が欲しい時に、ピンポイントでうまい具合に儲けられるのであれば、相当腕がある人ですよね。

 

それならば、お金を借りる必要は無く、投資家として稼げると思います。

 

そうそう、いつも書いている「ネットオークションで稼ぐ」という方法も、道を極めれば、長期的な収入になるのです。

 

不用品をうまく売れるようになれば、自分で仕入れた商品を売ってみる。

 

そこそこ利益が得られるようになれば個人事業主として登録できますから、これで無職では無くなります。

 

その上、少しばかりの資金も手に入っているでしょうから、その資金を元手に、少しづつ増やしていけば、借金を返すスピードも早くなるでしょう。

 

このように考えれば、無職になってもすぐにお金を借りることも可能だと思いませんか?

 

「返せるあて」ができてから借りる、というのが一番の条件ではありますが。