スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 債務整理中に災害にあってお金がどうしても必要になったら?

債務整理中に災害にあってお金がどうしても必要になったら?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「多重債務でお金がどうしても必要になったら」とか、「債務整理中にお金を借りる方法」などなど・・・いろいろ書いてきましたが、みんな「普通に生活できている時」という前提ですよね。

 

今年で、あの東日本大震災が起きて8年。

 

まだきのうのことのように思い出します。

 

本当に「命あってのものだね」という経験を初めてした、という感じがしました。

 

こちらでも、かなり大きな揺れがあり、立っていられないほどの衝撃でした。

 

棚のものは落ち、お皿なんかは割れてしまう、という状態。

 

食器棚-債務整理体験談

 

それでも、被害なんて言える様なものじゃないです。

 

だけど、とっても怖かった。

 

多重債務時代は、「お金がなくて生活していけなくて怖い」と何度も思いましたが、本当の怖さは、やはり突然襲ってくるんですよね。

 

実際に被害に遭われた方の恐怖や焦燥感は、計り知れないものがあります。

 

その後も、大きな災害があり、熊本地震や鳥取で起きた地震も記憶に新しいところ。

 

みなさん、苦境を乗り越えて懸命に生きていらっしゃいます。

 

多重債務とか、借金とかで「お金が無い」と言っている自分が情けなくなりますね。

 

ただ、ひとつ言えることは、「生きているだけでラッキーなんだ」ということを頭に刻み込んで、生きていかないといけないということです。

 

「お金なんて」とはまだとても言えない状況ですが、こうやって生きているんだから、何とでもできるということですよね。

 

人間、どうしても楽な方に流れようとしますから、多重債務になったりすると、「宝くじにでも当たって一発逆転の生活ができないかなー」などと考えてしまいます。

 

いや、正直、いつも思っていました。

 

だけど、今生きているだけで非常にラッキーなのですから、あとは、災害で亡くなられた方のためにも、「全力で」頑張らないといけません。

 

スポンサーリンク

 

 

と、舌の根も乾かぬうちに、「お金が無い」と弱音を吐き、「今月の支払いどうしよう?」と思ってしまうのも事実です。

 

そういう時には、「どこかでお金が借りられないか?」と探し回ってしまうのですが、ふと我に返ると、「こんなことではいけない」と言うもう一人の自分が居るのです。

 

そう、お金を借りるのではなく、お金を作ることを先に考えなければいけないですよね。

 

短期間でお金を作るのは、実はそんなに難しいことではないのです。

 

ただ、継続するのが難しいだけ。

 

となれば、とにかく家にあるものをお金に替えるなどで、少しでもお金を作って、それを少しでも増やしていくということを考えましょう。

 

そして、どうしてもお金を借りなければやっていけない、となれば、公的資金に頼ることもできますし、中小の消費者金融なら貸してくれるところもあります。

 

大手消費者金融では借りられない人たちをターゲットにしていると考えられるので、過去の信用履歴よりも、今の属性を優先させてくれる、と考えても間違いではないと思います。

 

とは言え、紹介サイトなどでは正規の消費者金融で無いところも少なからず混ざっているので、その辺はくれぐれも気をつけてくださいね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode