スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 借金で困っているのに自己破産できないこともあるの?

借金で困っているのに自己破産できないこともあるの?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

債務整理は、決心さえすれば、ほとんどの方が免責がおりたり、債権者との話し合いにより残債を支払うことで決着が付くものです。

 

自己破産を希望していて、その破産原因がギャンブルとか投資だった場合には、免責がおりずに自己再生という形で支払いが残ることになってしまう場合もありますが、それでも債務整理自体ができないというケースは稀でしょう。

 

投資に失敗した人-債務整理体験談

 

ただ、借金をした経緯から債務整理をしても改善の余地が無い、と判断されれば別ですが。

 

それと、「闇金融」がらみの債務整理は、なかなか引き受けてくれる弁護士や司法書士の方も少なく、断られるケースが多くなっています。

 

現在は、少しづつ「闇金融から借りていてもお引き受けします」という法律事務所も増えてきたようですけど。

 

契約書類もないような貸金契約をしてしまったのでは、なかなか整理することさえままならないという理由があるのです。

 

いくらお金に困っていても、「闇金融」に手を出すのは、よっぽどのことが無い限り、という気がしますが、多重債務に陥り取立てがあったりすると、つい手を出してしまう、ということが考えられますね。

 

最近では、取り立ても表立ったことはせず、金利だけは暴利をむさぼるという「ソフト闇金」も増えていて、表向きは普通の消費者金融なので、気が付かずに借りていた、ということもあります。

 

私が経験したように、表向きは通常営業の消費者金融が「うちでは貸せないから、別の業者を紹介する」と言って、闇金融を紹介される「紹介屋」であることも。

 

スポンサーリンク

 

 

こういう世の中ですから、「まずは疑ってかかる」という姿勢で居た方が良いでしょう。

 

ソフトであろうが、一度でも手を出してしまうと、債務整理さえできなくなってしまう可能性がありますから。


そうなると、「夜逃げ」のようなことを繰り返し、普通に生活することが困難になってしまいます。

 

本当は「多重債務である」と自分で判断できているうちに、債務整理をした方が良いのですが、どうしてもまだ貸してくれるところがあると、「これで心機一転頑張れる」と思ってしまいがち。

 

「頑張ろう、返そう」と思う気持は必要なのですが、やはり現実を見据えて、一度債務整理ということを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

債務整理をすればすべてが上手く行くとは言いませんが、少なくともスタートラインにもう一度立つ事ができるはず。

 

特に、これから新しい年度が始まる今なら、決心も付きやすいのではないでしょうか。

 

「いや、私はどうしても借金を自分の手で返したい」という気持ちは立派ですが、どこかで区切りを付けるのも必要ですよね。

 

万が一、闇金融から借りてしまっていても、「もう終わり」とは思わず、なんとかして抜け出す方法を考えましょう。

 

そういった方を手助けするNPO団体もあるのです。

 

一番いけないのは、「もうダメだ」と諦めてしまうこと。

 

よく「成功者は何度失敗しても諦めない」と言われていますが、良い意味でのしぶとさも必要だと思います。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット