スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> ブラックは就職にも不利か?破産者は警備員になれない?

ブラックは就職にも不利か?破産者は警備員になれない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックになると就職もできないの?ということですが、それは大丈夫でしょう。

 

だいたい、自己破産したら仕事にも就けないということになると、暮らしていけませんから。

 

ブラックだからって、就職試験の時にわざわざ言う人もいないし、信用状況を調べられることもないので、特に不利ということはないと思います。

 

ただ、この間も書いたように、給料振込み先銀行が決まっている場合、そして、その銀行口座がローン支払不能などで凍結している場合。

 

最悪、断られると言うケースもあります。

 

ブラックだと就職できない?

 

まあ、事情を話せばわかってくれることがほとんどですが、事情を話す=ブラックであることをカミングアウトするわけですからね。

 

雇ってくれても、その後居づらくなるかもしれません。

 

あっ、ブラックと言ってもいろいろありますから、自己破産以外の債務整理を経験しただけでは、金融関係の制限(ローンやクレジットカード等)はあっても、就職に差し障りがあることはほとんど無いでしょう。

 

問題は、自己破産した時で、まだ免責も降りていない場合です。

 

私の夫も、一時警備員の仕事をしていましたが、中年以降になると、結構こういった仕事に就く方って多いですよね。

 

しかも正社員ではなくパートという形で。

 

警備員と言っても、規模の小さい会社やマンション等で「昼間誰も居ないと不用心だから」という理由で雇われることもあります。

 

だからと言って、楽なわけではないのですが、本格的な警備ではないため初心者やある程度年を取っていても雇ってくれるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

だけど、警備員として雇われる場合、やはり、破産手続き中の就労はできません。

 

警備業法で禁じられているので、免責が降りて「復権」となってからでないと、面接すら受けられないでしょう。

 

ここで問題なのですが、警備という仕事柄、「破産した人=借金を返さない信用できない人」と取られる可能性があるので、例え復権していても、何かのきっかけで自己破産したことがバレると、他の理由で落とされることもあるそうです。

 

まあ、確かに、印象は悪くなるでしょうね。

 

それに、住民や顧客を守る立場ですから、信用は一番大切な要素になってくるのです。

 

会社の方針にもよりますが、「少しでも会社に損失を与える可能性がある人は雇いたくない」と思われるのは当たり前のことかもしれません。

 

他の仕事でも、例えば会計などお金を扱う部署だと、自己破産したことがわかったら不利になるでしょうね。

 

もしかしたら、債務整理しているだけで偏見が生まれることも。

 

やはり、今更ながら「社会的信用を無くした」んだなーと感じるわけです。

 

これも仕方のないことでしょう。

 

元はと言えば、自分がいけないのですから。

 

とは言え、この就職難にこんなことで職を無くすのは理不尽と言えば理不尽ですが。

 

そんな時は、スパッと忘れて、次の仕事を見つけましょう。

 

世の中には、細かいことにはこだわらないで、今の自分の能力や働きぶりを評価してくれる会社もありますから。
 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット