スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活福祉資金を実際に借りた方の体験談

生活福祉資金を実際に借りた方の体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務や債務整理でブラックと認定されてしまった方は、もうどこからもお金を借りられないのでしょうか?

 

巷では、「ブラックでもクレジットカードを作る方法」だとか「自己破産してもお金が借りられる」という情報が氾濫しています。

 

そのほとんどが、「こんなことして大丈夫?」というような内容です。

 

または、「どう考えても不可能でしょう」というようなことか。

 

ある情報によると、「名前を変えて(あるいは匿名で)、クレジットカードを申し込む」とか。

 

こうなったらすでに犯罪に近いですよね。

 

匿名-債務整理体験談

 

だいたい、匿名でクレジットカードの申し込みなんて、できるわけないでしょう?

 

身分証明書はどうするの?と思いますよね。

 

くれぐれも、こういった情報に惑わされませんように。

 

中でもちゃんとした情報と判断できるのは、公的資金に申し込む方法です。

 

社会福祉協議会の生活福祉資金が最も有名ですね。

 

ただ、ブラックの方にとっては、非常に敷居が高かったのです。

 

なぜかというと、保証人を立てることが必須だったから。

 

だって、多重債務に陥った時点で、お金に関する人間関係はほぼ壊滅状態になっていることと思いますから、いくら公的な資金だからと言っても「保証人になってくれ」と頼める人は居ないでしょう。

 

保証人が立てられなくて他のところからも借金ができなかったりするわけですから。

 

それが今では、法の改正で保証人なしでも借りられるようになったので、当時は約3倍以上の申し込みがあったそうです。

 

だから、当然審査の基準は厳しくなりますよね。

 

だけど、本当に生活に困っていることをアピールして、何とか借りられるように努力するというのもひとつの方法です。

 

ネットで検索すると、実際に生活福祉資金を借りた方の体験談も載っています。

 

スポンサーリンク

 

 

どんな手順で申請したのか、その時のご本人の状態などがわかりますので、参考になるかもしれません。

 

自分の今の困窮状態を訴えても、なかなか理解してもらえなかった」とか、「最初からお金を貸したくないような雰囲気があった」とか。

 

あっ、多重債務の方は、借入件数が多いという時点で断られるケースがほとんどです。

 

中には、親身に話を聞いてくれて、債務整理の相談窓口まで紹介してくれる職員の方も居るそうですが、「まずは借金を片付けてから」ということですよね。

 

ならば、喪明けで、とりあえず借金はゼロだけど民間の金融業者の審査にはなかなか受からない、なんていう場合は?

 

社会福祉協議会の審査的には受かりそうなものなのですが、こちらもケースバイケース。

 

職員の方にもよりますし、現在の収入や「まじめに働いてお金を返してくれそうか?」という判断をされるかどうか?によっても変わってきます。

 

都道府県によっても、対応する内容にかなり差が出てくるようなので、粘り強く交渉するつもりで行ったほうが良いでしょう。

 

民生委員の方と一緒に行くと、話を聞いてもらいやすいということもあるようです。

 

とにかく、「一筋縄ではいかない」と思って、今の状況を包み隠さず話し、わかってもらう努力をすること。

 

これに尽きますね。
 


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?