スポンサーリンク
Home >> ブラックでも稼ぐ方法 >> どうしてもお金を借りたい時の裏技は?ある破産した夫婦の話

どうしてもお金を借りたい時の裏技は?ある破産した夫婦の話

JUGEMテーマ:借金地獄

 

年度末ですが、「春が待ち遠しい」なんていう気持ちにはなりませんね。

 

年末もそうですが、3月末日までに入金しなければいけないところとか、支払いを済ませないといけないことが目白押しで。

 

春が待ち遠しい?-債務整理体験談

 

ただ、お金が無いのはあまり変わっていませんが、それでも多重債務時代の年度末に比べたら、まだ余裕はあります。

 

多重債務時代や債務整理直後には「どうやって乗り越えよう?」ということしか考えていなかったですから。

 

もう「焦り」というよりも「悲壮感」でいっぱいでした。

 

だから「ブラックでもお金を貸してくれるところ」ばかり探していましたね。

 

通常は、「また性懲りもなく」とか「ブラックになったのにどうして、まだお金を借りようとするのか?」と理解できないことでしょう。

 

だって、お金を借りて返せなかった人が、また借金をしたいなんて、普通は「あり得ない話」ですよね。

 

だけど、ブラックになった途端、世間から仲間はずれになったような疎外感と、お金がないことの辛さをしみじみ味わうことになるのです。

 

まあ、自業自得と言われてしまえば、それまでですが・・・

 

一度生活が破綻する」ということは、その世帯にとっては、「企業が破産すること」と同じくらい深刻なことなのです。

 

昔、近所に「自己破産したご夫婦」が住んでおられましたが、もともとはある程度資産家のお宅だったそうです。

 

それが、知り合いの保証人になって、その人が雲隠れしてしまい、多額の借金がご夫婦の肩にずっしりとのしかかることに。

 

家や財産をすべて売り払っても、まだ足りないほどの金額だったので、その後破産宣告をされました。

 

やむなく、汚いボロアパートに住むことを余儀なくされましたが、奥様はいつも暗い顔をされていました。

 

昔のことだから、ご近所にも破産したことが知れて、四面楚歌のような状態だったのでしょう。

 

見た目は、とても品の良い老夫婦という感じでしたが・・・

 

お金にも困っていらしたようですが、今のように「キャッシング」なんてできるわけもなく、その後は姿さえお見かけしなったような気がします。

 

スポンサーリンク

 

 

今は自己破産をしても、ほとんど周りの人に知られることはありませんが、気分的にはやはり「疎外感」はあると思います。

 

私は、自己破産ではありませんが、やはり債務整理したことで疎外感はありましたから。

 

で、「お金が無い」ということに戻りますが、債務整理した後は、本当に「お金に困っている」状態が続きます。

 

「借金が無くなって、さあ生活の建て直しをするぞ」と意気込むのですが、早い話が「先立つもの」がないのです。

 

それでやむなく「ブラックでも借りられる金融業者」とかを探すわけですが、正規の金融業者で貸してくれるところはまずないでしょう。

 

私も一時は「闇でもいいからお金を貸してくれないか?」とまで思いつめたことがありますが、今では借りなくて良かった、と思います。

 

せっかく債務整理をしたのに、それでは元の木阿弥どころか、もっと悪い場所に行ってしまいます。

 

「ブラックでもお金を貸してくれるところ」を必死で探す気持ちはわかりますが、やはりいつも書いているように、「少しでもいいから稼ぐ」ということを先に考えるべきでしょう。

 

さっき書いた破産したご夫婦の時代と決定的に違うのは、「立ち直るチャンスは今の方がつかみやすい」ということ。

 

不況で、ブラックじゃなくても生きにくい社会になってきましたが、それでも頑張ればまだ何とかなるのです。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも稼ぐ方法