スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 「ブラックでも借りられる」の甘いワナに引っかからないで!

「ブラックでも借りられる」の甘いワナに引っかからないで!

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでもお金が借りられる」なんていう言葉にはそうそう引っかからない、と思いませんか? 

 

だけど、実際に経験してみると、引っかかりそうになったことは数知れず、なんです。

 

多重債務や債務整理中の方じゃなくても「お金が足りない」となると「借りるしかない」と思ってしまう方が多いですよね。

まあ、一度も借金をしたことがない人の方が少なくなっている現代においては、しごく当たり前のことなのですが・・・

もうすでに生活費でいっぱいいっぱいの状態の人が「お金を借りる」という選択肢しか考えられなくなったら、まぎれもなく「借金依存症」と言えるでしょう。

ただそれは、他の依存症と同じように、じわじわと忍び寄ってくるので、本人はなかなか気が付かないんですね。

多分最初の借金は、「今月ピンチだから、少し借りよう」ということで借りる方がほとんどでしょう。

 

キャッシングをする-債務整理体験談

割合軽い気持ちで借りてしまうわけです。

 

たいていの人は、「お金ができた時点で返す」ことで、完結するのですが、常にお金が足りない状態だと、何度も借りてしまうことになります。

で、そのまま「借りる」ことに慣れてしまい、「お金が足りなくなったら借りる」ということが習慣化してしまうんですね。

これはある意味恐ろしいことかもしれません。

収入が安定している時は良いのですが、今の時代、急にお給料が半分位になってしまうとか、最悪の場合ある日突然失業してしまう、なんていうことがザラに起きます。

そうなると、今までの収入を見越して借りていた借金が返せなくなる、本来ならばもう借金を増やす場合ではないのだけれど、借金を返すためにまた借金を・・・の繰り返し。

そのうち「多重債務」になって「ブラックの烙印」を押されてしまうのです。

本当は、ここで目が覚めれば良いのですが、私もそうだったように、それでもなお「お金を借りようと」するのです。

だって、生活費すらないわけですから。

そして、よくある「ブラックでも貸します」という広告に、ついにたどり着き・・・という図式に。

「ブラックでも融資する」というところは、やはり「闇金融」である可能性がほとんどです。

 

スポンサーリンク

 


切羽詰って借りた金融業者がもし「闇金融」であったら、債務整理もままならないということが多いです。

なぜなら、「闇」というだけあって、取引履歴すらない場合が多く、法的な証拠がなかなか揃わないのです。

そうなると、弁護士や司法書士の方もお手上げですから、債務整理の相談に行っても断られるケースが目立つということ。

最終的には夜逃げとか、ということにもなりかねませんからね。

「夜逃げ」というのも、ドラマだけの世界のように思いますが、実際に夜逃げを経験した方も増えているようです。

実際、私の知人にも居ました。

 

「住民票も移せず、子どもを学校に行かせることもできなくて、働く場所を見つけるのも至難の業、という状況で、人間的な生活ができなかった」と後で聞きましたが、壮絶な体験だったようです。

「もうこうなったらどこでも貸してくれるところ」と思う気持はよくわかりますが、やはりくれぐれも「甘いワナ」に引っかからないようにしてください。

ブラックでもすぐにお金を作る方法はある?

こんな方法で、「お金を借りる」のではなく「お金を作る」という意識を植え付けるようにしないと、なかなか借金体質からは抜けられないでしょう。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど