スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 災害に見舞われてお金が無い?債務整理中にお金を借りてしまったら?

災害に見舞われてお金が無い?債務整理中にお金を借りてしまったら?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理中にお金を借りたりローンを組んだりできるか?

 

というと、当然できないですよね。

 

一般の方には、とてもばかげた質問に映るでしょう。

 

だけど、究極の状態になったら?

 

熊本地震から早3年。

 

その後も、未曾有と言われるような災害は続き、記憶に新しいところでは、先月来た台風15号の被害はひどく、千葉を中心に被害に遭われた地域は、まだまだ復旧に時間がかかりそうです。

 

被害が大きければ大きいほど、その後の復旧には時間がかかるのは当たり前なのですが、最近では、その後も二度三度と同じ規模の災害に襲われることも多いですから。

 

多重債務でお金がどうしても必要になったら」とか、「債務整理中にお金を借りる方法」などなど・・・いろいろ書いてきましたが、大きな地震を前にすると、本当に「命あってのものだね」と言う気がします。

 

当時はこちらでもかなり大きな揺れがあり、立っていられないほどの衝撃でした。

 

棚のものは落ち、お皿なんかは割れてしまう、という状態。

 

地震-債務整理体験談

 

それでも、被害なんて言える様なものじゃないです。

 

だけど、とっても怖かった。

 

多重債務時代は、「お金がなくて生活するのは怖い」と何度も思いましたが、本当の怖さは、やはり突然襲ってくるんですよね。

 

実際に被害に遭われた方の恐怖や焦燥感は、計り知れないものがあります。

 

多重債務とか、借金とかで「お金が無い」と言っている自分が情けなくなります。

 

とは言え、この地震の影響で自営の仕事がままならなくなったのも事実。

 

債務整理をした後だったので、余計に大変でしたね。

 

借金がなくなっても、生活の立て直しができるまでは、本当に苦しい日々が続きます。

 

多重債務の時の精神的な不安定さはなくなりますが、「生活が苦しい」のには変わりが無く、「こんなに苦しいのなら」と楽になる道を選びそうにすらなりますから。

 

債務整理中なのにお金を借りたいという切実な気持は、経験した人じゃないとわからないかもしれませんね。

 

「甘え」と言われればその通りなのですが、「世間から突き放された」ような気がするのも事実です。

 

ネットで調べると、「債務整理中でも融資可能な金融業者」なんていうところも出てきますが、果たしてどこまで信用できるか、疑問です。

 

今は、中小の正規金融業者でも貸してくれるところはありますが、やはりよっぽど切羽詰まった状態で無い限り、止めておいた方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

公的資金に頼るなら、いつも書いている生活福祉資金しか無いでしょう。

 

本当は、債務整理した人専用の貸付機関があると良いのですが、お金を借りるという基本的なルールを守れなかった人に対して、またお金を貸す業者はいないですよね。

 

それと、もし債務整理中にどこかの金融業者が本当にお金を貸してくれたとしても、それがばれると、債務整理自体が進まなくなる可能性が高いです。

 

だって、債権者と債務整理の交渉中にまた借入れをしたとなれば、問題ですから。

 

最悪、債務整理できなくなることも。

 

やはり、少しでも自分の力でお金を稼ぐ、という意識を持たなければなりませんね。

 

人間、どうしても楽な方に流れようとしますから、多重債務になったりすると、「宝くじにでも当たって一発逆転の生活ができないかなー」などと考えてしまいます。

 

だけど、今生きているだけで非常にラッキーなのですから、亡くなられた方のためにも「全力で」頑張らないといけません。

 

「お金がどうしても必要」という方は、身の回りのものを売ってお金にすることも出来ます。

 

何か作るのが得意だったら、オークションに出品すれば、高い金額で売れることもあるんです。

 

とにかく「前へ」進みましょう。(自分自身にも言い聞かせてます。)


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活