スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 自己破産後7年でクレジットカードは持てるものなの?

自己破産後7年でクレジットカードは持てるものなの?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

自己破産して7年で持てるクレジットカードは?ということですが、難しいですね。

 

いえ、取得自体が難しいということもあるのですが、答えが難しいということ。

 

いつも書いているように、自己破産しようが他の債務整理だろうが、「個人信用情報」に事故履歴が載ってしまった時点で「ブラック」ということになります。

 

まあ、ブラックについては、他に借金を滞納した場合や過払い金を請求してもなることがありますが・・・

 

あとは、「申し込みブラック」なんていうこともありますね。

 

ブラックにも種類はありますが、原則的にはペナルティーはあまり変わらないです。

 

クレジットカードが持てなくなり、ローンも組めないという。

 

ただ「クレジットカードが持てない期間」は、それぞれかなりの差があります。

 

自己破産後にクレジットカードが持てた?

 

自己破産は、ご存知のように一番ペナルティーは大きくなりますね。

 

仕方の無いことですが。

 

で、一般的には、自己破産の場合、「個人信用情報」から「事故歴」が消えるのは、だいたい免責後5年から10年と言われていますが、7年以上経たないとダメという説も根強いです。


だからといって、単純に7年経てばすぐにクレジットカードが持てるようになる、ということではなく、「そのくらいはかかると思った方がいいですよ」ということ。

 

事故歴がどれくらいで消えるかというのは、個人差がありますので決まっているわけではないのです。

 

早い方だと5年、逆に10年経っても持てない方も多いというのが本当のところ。

 

スポンサーリンク

 

 

だから、5〜7年くらい経ったところで、一度自分の「個人信用情報」を開示してみる必要があります。

 

まあ、実際には事故歴だけが消えるのではなく、今までの信用履歴自体が消えるということなんです。

 

だから、そこからまた新たに信用履歴を作っていくのが大変なんですよ。

 

みなさん、なるべく審査が甘いと言われているクレジットカード会社で、キャッシング枠ゼロにして申し込むなど、苦労されているわけです。

 

携帯電話の分割払いの審査は比較的通りやすい、という経験談もよく見ますので、スマホの契約時などにもしローン審査に受かったら、その後の支払いなどでクレヒスを積んでいく、ということもできますね。

 

言ってみれば、真っ白いキャンバスに一から色を塗っていくようなもの。

 

一度は真っ黒に塗ってしまってますから、今度はきちんと綺麗な絵を描きたいものです。

 

それには、信用を築いていくしかありません。

 

金融機関との信頼関係を築くには、給与振込や公共料金の自動引落、預金などを積極的に利用することが近道と言えるでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい