スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 債務整理後は生活も苦しく精神的にボロボロになる?

債務整理後は生活も苦しく精神的にボロボロになる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後は、ご存知のようにどんなローンも組むことができません。

 

これは仕方のないことですね。

 

債務整理後と言っても、債務整理直後から数年間はということで、最長でも10年経てば組めるようになるのです。

 

だけど、その間が一番生活的にも苦しいと思いませんか?

 

だいたい、借金がある程度あっても、気軽に債務整理をしてしまおうなんていう方は、ほとんど居ないでしょう。

 

多重債務者になっても、「何とか借金を返そう」と思い、頑張って頑張って・・・

 

それでも返せなくて、そのうち気が付いたら「借金を返すために、また新たなところからの借入れをして」という悪循環に陥ってしまうんですよね。

 

だから、最終的に行き詰って「債務整理」を決心する頃には、「生活も精神的にもいっぱいいっぱい」の状態だと思います。

 

私も、多重債務時代は債務整理を決心する前が一番苦しかった記憶があります。

 

精神的にも追い詰められて、うつ病にもなりかけていましたから。

 

借金でうつ病になる-債務整理体験談

 

もしかしたら、すでになっていたかもしれません。

 

表面上は取り繕って生活していましたが、精神的にはボロボロという状態でした。

 

債務整理後は、さすがに精神的な苦しさは落ち着いてきましたが、生活が一旦破綻した状態ですので、生活は苦しいまま。

 

だけど、お金はどんどん出ていくばかり・・・なんですね。

 

何度も書いていますが、債務整理して借金は無くなっても、滞納していた税金などの支払いと債務整理費用の支払いなど、結構支払うものはあります。

 

まあ、どれもこれも自業自得なのですが・・・

 

スポンサーリンク

 


その上、収入は増えるどころか、失業同然の状況でしたから、本当に生活は苦しいものでした。

 

だから、債務整理をしたから「お金が借りられない」のは当たり前のことだと思うのですが、せめて「ローンが組めたら」なんて思うことは多いですね。

 

債務整理をした後、なぜか電化製品が続けて壊れたり、田舎暮らしの私たちにとっては「足」として必要な車が動かなくなったり、とまとまったお金が必要になることが重なったということがあって、つくづく「ローンが組めない」悲しさを味わうことになりました。

 

まあ、これも自業自得というべきことですが、「債務整理をすれば、少しは生活が楽になるだろう」と思っていたので、厳しかったですね。

 

それでも、何とか生きてこられたのは、やはり「借金を支払わなければならない」という重圧から逃れられたことでしょう。

 

まずは、「借金」というタガをはずして、その上で生活再生に向けて頑張る、ということですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい