スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> ブラックでも借りられる消費者金融は無くなってしまう?

ブラックでも借りられる消費者金融は無くなってしまう?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでも借りられる消費者金融って本当にあるの?」というのが素朴な質問ですよね。

 

消費者金融に限らず、「金融ブラック」になっている人にお金を貸してくれる金融業者なんてあるのだろうか?

と思いつつネットで検索すると、誠しやかな情報があちこちに。

 

いかにも「すぐにお金を貸してくれそう」な気がします。

 

ブラックでも融資してくれる消費者金融は、あるにはあるのですが、現在はかなり難しい状況になっているようです。

 

唯一頼れるのは、中小の消費者金融くらいでしょうか。

 

だけど、非正規と正規業者の区別が付きにくい、という問題があります。

 

結構名の知れた消費者金融も倒産する時代ですから、金融事故を起こした人にお金を貸すところは、今後ますます少なくなっていくでしょうね。

 

倒産しそうな会社-債務整理体験談

 

私も他人事ではないので「だったらどうすればいいの?」と思いたくもなりますが、多分、「ブラックでも借りられる」ところは、ほぼ「闇金融」と思っていいでしょう。

 

多重債務者よりは、借金を清算しているわけですから、支払ってくれる可能性は高いという考えもあるのでしょうが・・・

 

実際、一昔前は、こういった考えの消費者金融も多く「多重債務者よりも自己破産者の方がお金を借りやすい」なんて言われていたこともあります。

 

ネットでの申込みではなく、来店することが条件だったり。

 

結局、店頭で話をすることで、「お金を本当に返す気があるのか?」「信頼できる人か?」ということを審査されているんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

つまり、それだけ「ひとを見る目がある」社員が居たということです。

 

今は、それだけのベテラン社員が育たないことと、少し話しただけではわかりにくくなったということもあって、こういったやり方をする中小の消費者金融もほとんど見なくなりました。

 

それに、一度金融事故を起こした人には貸したくない、というのが本当のところでしょう。

 

ただでさえ、総量規制で収入の1/3までしか借金ができないと法律で決められ、貸した方も罰せられる可能性もありますから、金融業社も「危ない橋は渡りたくない」と思いますよね。

 

一方で「もうどこからも借りられないから、仕方なくヤミ金融から借りている」という人が増えているのも事実です。

 

税金の滞納者が多いのも、お金を借りられるところがなくなっているからとも言えるんですよ。

 

今の状況では非常に難しいと思いますが、「お金を借りないと生活できない人」という多重債務予備軍を少しでも少なくしないと、これからも止む無く闇金融で借りてしまう人は増えると思います。

 

最低賃金の時給を1,500円にしないと豊かな暮らしはできない」と主張している方たちが居ますが、「夢を持てるか?」と考えれば、このくらいは必要なんでしょうね。

 

1,500円は無理でも、賃金が大幅に上がる、ということでもない限り、「生活費が足りない」で借金を繰り返す人は無くならないでしょう。
 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど