スポンサーリンク
Home >> 求職者支援制度の利用の仕方 >> 求職者支援制度は主婦でも利用できる?

求職者支援制度は主婦でも利用できる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務で借金返済に苦しんでいるのに、突然の夫の失業

 

そうじゃなくても生活が厳しいのに、と打ちのめされそうになりますよね。

 

突然収入がゼロになってしまう不安感は、味わった方でないとわからないでしょう。

 

「そのためにお金を蓄えていればよかったのに」と思われそうですが、確かにそうです。

 

貯金-債務整理体験談

 

反論はできません。

 

だけど・・・

 

今の世の中、どんなに切り詰めても、生活するのにいっぱいいっぱいだという世帯は多いでしょう。

 

その上借金を抱えていたら・・・

 

もう身動きが取れません。

 

それでも、なんとか「生きて」いかなくてはならないのです。

 

とは言え、専業主婦がいきなり働き出すというのは、なかなか難しいものです。

 

パートでも良いとは言え、今はパートの口もすぐには見つからない時代。

 

とりあえず、「ブラックでも貸してくれる消費者金融」を探して、お茶を濁しますか?

 

私も同じようなことをしていたので、偉そうには言えませんが、一時期潤うだけで、すぐにお金は無くなってしまいます。

 

専業主婦ではなかったので、少しは収入があったのですが、それでも焼け石に水でした。

 

そんな時は、以前もご紹介した求職者支援制度が良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

簡単に言うと、条件さえ当てはまれば、職業訓練が無料で受けられて給付金ももらえるという制度です。

 

金銭的な条件としては
◯職業訓練を受ける人の収入が月8万円以下である

◯世帯全体の収入が月25万円(年収300万円)以下である

◯世帯全体の金融資産が300万円以下である

など。

 

職業訓練の授業に関しては

◯職業訓練の授業にすべて出席(欠席理由が認められれば8割以上で可)

 

という結構厳しい条件があります。

 

ただ、月収などに関しては、単純に枠の金額を越えていなければ良いので、計算すればすぐにわかりますね。

 

授業を休まないということも、病気等の場合は診断書を出せば認められると思うので、そう厳しいことでも無いのかな?と。

 

まあ、お子さんが居る場合は、「子どもが病気になったら?」という不安はありますし、授業を受けること自体が大変だと思います。

 

その場合は、「誰が面倒を見てくれる人が居る」という状況じゃないと無理かもしれないですね。

 

主に雇用保険に加入できなかった方が対象なのですが、旧制度の基金訓練では、専業主婦の場合は受けられないことが多かったということ。

 

それが、新制度になってからは、対象者の中に専業主婦も含まれていますので、大手をふるって参加できるでしょう。

 

給付金目的だけで訓練を受けると、中途半端になり、給付金が受けられないばかりか将来に役に立つ技術も学べませんから、しっかりと「何を学びたいか」を決めてからということになります。

 

パソコンのスキルを学べる訓練校もあるので、勉強しておけば、すぐに就職に繋がらなくても、在宅でデータ入力をするとかWebデザイナーとして仕事をもらうこともできます。

 

訓練校に通えない、という場合は、独学でスキルを習得することも可能なんです。

 

とにかく、お金が無いと気分が滅入りがちになってしまいますが、前向きに考えることが大切ですね。
 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:求職者支援制度の利用の仕方